2016-10-05

文殊さん定期報告868

★台風18号で暴風警報! 米軍基地も暴風シフト!!
★福知山の説明会は、地区限定・・?!
★市議会、「陳状Ⅳ」を趣旨採択!

本日2016年10/5(水)は、米軍基地工事開始から863日目(2年と132日)、レーダー搬入より716日目(1年と351日)、本格稼働651日目(1年と286日)でした。

台風18号が東シナ海から北上という中で、今日も南の吹く一日でした。海はうねりがあるものの、波はなく不気味な凪という感じでした。
昼過ぎから暴風高潮警報が出されましたが、本格的な風は夜になってからです。

台風の強風が予想されるということで、基地ではその強風対策が色々となされていました。崖先左のコンテナ事務所では用具小屋がテープで固定され、「洞穴上トイレ」ではこれまで固定されていなかった右側の女性トイレの側のドアがこれも固定され、レーダーサイトの周りの区画フェンスがみな倒されて、前回の強風で横倒しとなった監視ボックスはどこかへ撤去されていました。
夕方には発電機の東側フェンスも取り払われて骨組だけとなっていました。
これまで風には何度もやられてきた経験を生かしての対応と思われます。ですが、国道側のフェンスが一番弱いと思います。

尾和の変電設備工事は三角の田んぼ一枚がすっかり、その用地としての姿を見せてきました。
自衛隊工事は、新隊舎の1階部分に部屋の区画の木枠と鉄筋が組まれ、中が見えなくなってきました。

福知山射撃訓練の説明会は、射撃訓練場のある地区だけに限定してのものを予定しているらしいという情報が入ってきました。事実ならトンデモナイことで、最低限でも市全体に公に説明するのが当たり前です。計画が実行されれば、米軍人軍属は丹後中を移動して福知山に行くということになります。丹後地域の人なら誰でもという説明会にするのが基本中の基本です。福知山市長さん、そんな隠そうというような説明会はダメです。

一方京丹後市議会は、この件で何か緊急の議論がされたのかどうか、よく分かりませんが、6月議会で基地対策特別委員会が趣旨採択した「憂う会」の「陳状Ⅳ」を今日9月議会最終日に本会議で趣旨採択したということです。
「陳状Ⅳ」以降に、3万3000ボルト問題、三角地拡張問題、福知山射撃訓練問題、さらに直近の「洞穴上トイレ」問題が起きています。特別委員会も議会もそういうことにまったく対応できていないように見えます。
住民の安全安心と密接に関わる問題ばかりです。気合をいれてやっていただきたい。

10/5(水)夜

Original post in Facebook