2016-10-20

文殊さん定期報告882

★今朝はレベル3!
★事故現場にタイヤの痕!
★福知山の射撃場、室地区説明会非公開の意味は・・?

本日2016年10/19(水)は、米軍基地工事開始から877日目(2年と146日)、レーダー搬入より730日目(1年と365日)、本格稼働665日目(1年と300日)でした。

※この報告を今朝(10/20未明)上げようと思ったのですが、何故かこの投稿シートが何度試みても出て来なくて上げられませんでした。今(10/20夜)は出ていますので改めて上げます。

Xバンドレーダーレーダー搬入から、明日で丸2年になります。長かったような、あっという間だったような複雑な気持ちがします。

今朝の基地は朝から続々とレイセオンの車が集まり、レベル3という感じでした。最近短期の人が多いようでわナンバーのレンタカーが目立ちます。先日事故を起こしたレンタカーもそういう人の一人だったようです。この手の方は運転の安全講習を受けることもなく運転をすることが多く(彼らに日本の運転免許証はいりません米軍の許可証で運転しています)、これまでも何度も事故を起こしてこられましたが、今回その回数がまた上書きされました。
そういう人に自由に運転させるという所にまずは一番の問題があります。

昨日明るいうちに事故現場へ行ってきました。現場には事故時のものと思われる長いブレーキ痕とガラスの破片が残っていました。事故車はぶつかってから相当の距離を走って止まったようです。一体どれだけのスピードを出していたのか。もし軽トラに人が乗っていたらどうなっていたか、考えただけでぞっとします。京丹後市全体が日常的にこういう危険に晒されているということです。

夜はお知らせの通り、福知山で米軍基地問題の現地報告をしてきました。50人以上の方に来ていただき熱心に聞いていただきました。「北の方のことだと思っていたのに・・・」とか「経ヶ岬に来た時からこういう日が来るのではと思っていました」という声をお聞きしました。事は京都府北部、北近畿全体の問題になってきたということを実感する交流となりました。

室地区は10/14の2回目の説明会では、不安の声が多く出されて結論は簡単に出せないということだったのに、10/17には「やむを得ず了解」とのことで、その間に一体何があったのか。防衛局との間に何らかの取引のようなものがあったのではないか、だからこそ説明会は「非公開」にされたのではという事の結末を訝しむ声が出ていました。
また、昨日も書きましたが射撃場のすぐ傍の人家は室地区よりも正明寺地区の方が件数が多いのにそちらには何の話もないということはどういうことか、こんなことで地元の同意を得たなどとはとても言えない、という事実も確認されました。

明日は、京都連絡会の皆さんが11:00より市役所前でアピール行動を行い、14:00~市への申し入れをされます。市長が拙速な行動を取らないような運動が今とても大切です。可能な方ご参加下さい。

10/19(水)夜

Original post in Facebook