2016-10-20

文殊さん定期報告883

★自衛隊側の夫婦松、残りの1本もアウト!
★駐車場にわナンバー多し!
★変電施設にL字の側壁!

本日2016年10/20(木)は、米軍基地工事開始から878日目(2年と147日)、レーダー搬入より731日目(1年と366日)、本格稼働666日目(1年と301日)でした。

レーダーの搬入から今日で丸2年です。昨年の今日は、複数のマスコミから搬入1年ということで取材がありましたが、2年経っての今日は何もありません。問題は益々深刻かつ大規模化していますが、報道というもの、ニュースというものはそういうもの(目立つものでないとダメ)なのだなということも実感しています。

基地は益々よそよそしく、発電機は相変わらずうるさくという状況です。
自衛隊工事の先の崖際の夫婦松ですが、西側の方が枯れて久しい上に、最近東側の1本も完全アウトになっているのに気が付きました。
基地や工事との直接の因果関係は分かりませんが、夏以降文殊さんとその近辺のクロマツが次々と枯れていきます。そのうち、参道の大木にも同じような事が起こるのではないかと危惧をします。
松の立枯れの激増は、基地建設による穴文殊の景観破壊を象徴する出来事のように思われます。

レイセオン関係の見かけないレンタカーが何台も来ています。先日のような稚拙かつ危険な事故が心配されます。

電線工事はこのところ中断されていますが、今朝追加の電柱を積んだトラックが来ていました。
尾和の外れの変電施設は、外周のコンクリート打ちが始まり、L時の側壁も運び込まれていました。電柱工事はここの工事とリンクしているのかも知れません。

10/20(木)夜

Original post in Facebook