2016-10-24

文殊さん定期報告887

★早朝より日米ともに車多し!
★自衛隊工事、早朝から生コン車!
★橋木の事故、「車幅の感覚に慣れていなかった・・」?

本日2016年10/24(月)は、米軍基地工事開始から882日目(2年と151日)、レーダー搬入より735日目(2年と4日)、本格稼働670日目(1年と306日)でした。

今日も曇り空、寒いくらいの涼しい一日でした。

今朝は週初めということもあるのか、米軍基地も自衛隊基地も朝から通勤の車が多い感じがしました。自衛隊の方は、昨日首相や防衛大臣がこれまでにない焦臭い仕事(スーダンへの駆けつけ派遣など)を宣言したこともあるのかも知れません。

自衛隊の工事は朝7時前より生コン車が詰めかけ、コンクリートポンプ車が動き始めました。いつもの上野のカーブにまだ警備員(交通誘導員)も来ていない状況での工事開始で、始めるのが早すぎるのではと思われました。現場ではつい無理なことをやってしまう傾向がありますが、心していただかなければなりません。

例の10/14の橋木のレイセオン追突事故の件ですが、その原因は「運転者が車幅の感覚に慣れていなかったから・・」という防衛からの話が聞こえてきました。
無免許運転の高校生でもあるまいに、あの広くて真っ直ぐな道を小型乗用車に乗ってまともに走れない。そんな人に運転を許している米軍。安全講習も受けさせていない。
「交通安全には万全を期す」という約束は一体どうなっているのか!?
 
丹後の市民・住民はそういう危険な米軍の車の運転に日々晒されているということです。こんな事は許されません。今後へ向けてのより具体的な対策を防衛、米軍から出していただかないと済まない話になってきました。
今度の議員懇談会の大きな議題の一つになります。

10/24(月)夜

Original post in Facebook