2016-10-31

文殊さん定期報告895

★尾和の変電施設工事、転用許可はいらないのか?
★事故の件、その後の事は聞いてません!
★橋木の事故、始めて聞いた!?

本日2016年10/31(月)は、米軍基地工事開始から889日目(2年と158日)、レーダー搬入より742日目(2年と11日)、本格稼働677日目(1年と313日)でした。

10月最後の日となりました。
今日も午前中は良い天気でした。午後は曇り。

今月になって始まった尾和の外れの変電設備の工事ですが、田んぼだったところに作っておられます。ということは、農地の転用ということで許可(農業委員会とか知事とかの)が必要なのではなかったか(何も表示がないけど)と思い確認をしてみました。
振興局に連絡して聞いてみると、関電から「配電のための施設」という文書が出され、送電・配電施設は知事の許可は免除されるので特に表示はないというようなことでした。
発電施設と変電施設は許可が必要なのだそうです。
関電から区長さん方への説明では、3万3000ボルトの電線をここまで引いてきてその電圧を下げる設備ということで、正に「変電設備」そのものだと思われるのですが、一体どうなっているのか。

橋木の事故の件もその後が気になって、「現地連絡所」へ聞いてみました。事故があって保険屋さんの話になっているらしい、原因は運転者が道幅になれていたかったということらしいという前回の話以外は何も聞いていないとのことでした。被害にあった方にしっかり補償がなされているのかが一番気になりますが、よく分かりません。
今後の対策については米軍で検討しているらしいくらいのことでした。
防衛の姿勢は相変わらずです。

この事故について、今日の議員懇談会で「議員さん方はご存知ですか?」と聞くと、「そんなことがあったのか、始めて聞く」という方がほとんど(要するに共産党の議員さん以外)ということでした。「万全を期すと言いながらこんな危険な事故が繰り返されている。講習も受けない者に運転させること自体が間違いだ。そういう者には運転させないようにしないとダメです。」と強く要望をしておきました。
今日の懇談会は会場が豊栄地区ということで、豊栄小学校の再配置(要するに廃校)問題などでたくさんの意見が出て、基地問題を取り上げる時間に余裕なく、他の新しい問題(3万3000ボルトの電線問題、三角地拡張問題、福知山射撃訓練問題、「洞穴上トイレ」問題など)は一応説明して、基地の拡大強化の準備ばかりで今回の事故のように安全・安心がなおざりにされている、市民の立場に立ってしっかりやっていただきたいと要望を言うだけとなりました。

10/31(月)夜

Original post in Facebook