2016-11-02

文殊さん定期報告897

★寒くなりました!
★穴文殊の景観、配慮が足りない! 厳かな雰囲気を守れ!
★「いらんちゃ2016」、賛同、ブースまだ間に合います!

本日2016年11/2(水)は、米軍基地工事開始から891日目(2年と160日)、レーダー搬入より744日目(2年と13日)、本格稼働679日目(1年と315日)でした。

今朝は放射冷却で気温8度、寒い朝となりました。その分昼間は良い天気で暖かい一日になりました。

基地はいつものように動いています。
自衛隊工事、シートに覆われた隊舎とコンクリート打ちっ放しの通信棟が正に要塞のようです。
変電所の工事着々と進んでします。

11/30(日)付の京都民報に改めて穴文殊の景観破壊についての記事が出ています。2015年の京都府レッドデータブックに「米軍基地建設で海からの穴文殊の景観が大きく損なわれた。」と記載された件について、その担当の専門家の意見を紹介したものです。
「基地設置で穴文殊真上の岩の削岩、松の伐採などで海岸段丘が改変されたことは事実」、「海から基地施設が見えているが景観上の配慮が足りない、少なくとも海から見えない工夫が必要」「調和の取れた景観が保護され信仰の場としての厳かな雰囲気が守られることが望ましい」という極めて客観的な見解が述べられています。

「景観の保全に十分配慮する」と言いながらそこを大幅に破壊し、一番大切な信仰の場にトイレを設置するなど、とんでもない話です。
米軍、防衛、府、市、関係当局の見識と責任が厳しく問われています。

「いらんちゃ2016」がいよいよ迫ってきました。
賛同団体の申し込み、交流イベントのブースの申し込み、今ならまだ間に合います。
tx-nagai@maroon.plala.or.jpまで、よろしくお願いします。
日々のお参りのおかげか、文殊様のご加護か、当日の天気は良くなりそうです。当日はとにかく一人でも多くの方が丹後文化会館に来て下さい。
※ブースの準備は11:00から可能です。関係の方は早めにお出で下さい。

11/2(水)夜

Original post in Facebook