2016-11-03

文殊さん定期報告898

★今日はバンバンのウラニシ!
★宇川の子ども達、ジオパークを守りたい! 
★防衛、「洞穴上トイレ」について検討したい・・?!

本日2016年11/3(木)は、米軍基地工事開始から892日目(2年と161日)、レーダー搬入より745日目(2年と14日)、本格稼働680日目(1年と316日)でした。

今日は朝から、雨、雷、晴れ、風、これらが目まぐるしく入れ替わる典型的な丹後のウラニシでした。
朝のお参りでは突然の激しい雨に遭い、雨宿りをしていた小屋の目の前の山に実際に雷が落ちるのを目の当たりにしました。バンという激しい轟音と火花を同時に目撃、そこから煙が上がっていきました。雨の中で火事になる気配はありませんでしたが、こんな経験は初めてで、正に肝を冷やしました。

そんな中、基地はいつもの通り。
変電施設の工事はお休みのようでしが、自衛隊工事はしっかりやっておられました。

今日は文化の日(日本国憲法公布70年の日でもありました)で、宇川小学校では毎年恒例の学習発表会が開かれました。それを見に行かれた方から6年生の発表がとても良かったという話を聞きました。
テーマは「ジオパーク」で、「宇川は自然が素晴らしく、ジオパークの重要な場所になっていることが誇らしいです。この大切な自然を守っていきたい。」として穴文殊や経ヶ岬の写真なども使っての発表をされたようです。
数百年にわたって宇川の先人達が守ってきたこの景観や信仰の場を宇川の子ども達がしっかりと感じてくれていることに胸がジンと来ます。
この話を聞いて、我々大人達が理不尽なものからそれを守って彼らに伝えなければならないという思いを改めて感じました。
破壊の最前線に立つ軍事基地とジオパークは両立しません。

例の「洞穴上トイレ」の件で、防衛が最近「検討します」と言っているらしいという話を聞きました。事実なら、即実行に移されることがこの件で大けがをしない最善の道です。

11/3(木)夜

Original post in Facebook