2016-11-11

文殊さん定期報告906

★防衛省より福知山市へも回答!
★NHK「関西熱視線」、交付金、事故、福知山!
★三崎市長、「国の専権事項だから・・」?!

本日2016年11/11(金)は、米軍基地工事開始から900日目(2年と169日)、レーダー搬入より753日目(2年と22日)、本格稼働688日目(1年と324日)でした。

今日、朝は雨上がりでしたが、昼間は良い天気になりました。
このところの基地は、車の数(レイセオンの技術者)少なく、人の影(シェネガの警備)も少なくという感じがします。何故かは分かりません。

自衛隊工事、3つ目の警護棟も幕に覆われました。建物内部の工事は外からは分かりません。コンクリート打ちなどの工事の時に朝7時頃から交通指導員もいないのに生コン車が来ているのは問題ではと先日書きましたが、工事開始前に「安安連」に出された確認書を調べてみると、やはり工事は朝8時から夕方5時までなっていました。明らかに約束違反です。「安安連」で質していただきたい項目の一つです。

変電所の工事も中心部分の基礎工事が日々進んでいます。

昨日、射撃訓練の件で防衛省から京都府へ要請書への回答があったということを報告しましたが、福知山市へも11/9付で回答がありました。内容は昨日の京都府へのものとほぼ同じです。気になるのは、その前日の11/8に一旦回答があり11/9にそれが訂正されて改めての回答として出てきているということです。その訂正の内容はどんなものであったのか、とても気になります。事情の分かる方、またこそっと教えて下さい。

改めて国からの府と市への回答を読ませていただいて思うことは、これまで京丹後市の説明会などで防衛が言ってきたことより、米軍に対する言い方がキツいものになっているということです。「米軍に〇〇させる」という文言に端的にそれが示されています。
宇川の説明会などでは「伝えます。分かっていただいてます。」という言葉の繰り返しでしたが、そんなことでは今や済まされないことになっていることを防衛もそれなりに認識せざるを得なくなっているということの現れだと思われます。
私たちがずっと様々な問題点を事実に基づいて指摘し続けてきたことの成果であろうと思います。

NHKの「関西熱視線」を見ました。
先日のトランプ当選を冒頭にして、次に「いらんちゃ2016」のデモシーン(地元のデモの先頭)、そして「これは京都のことですが、京都に米軍基地があることを皆さん知ってますか?」というプロローグでした。そのあと、再編交付金と地元の実態(専門家の補助金中毒化への警鐘解説が一応あり)、事故の問題(網野の事故の青年が現場を案内)を取り上げ、最終部分は福知山の射撃訓練問題(二つ目の米軍基地となると指摘)にも相当な時間を割いておられました。
私たちの声や経ヶ岬での「洞穴上トイレ」問題、福知山の正明寺地区の問題など一切触れられずで基地肯定感の強い印象を持ちましたが、丹後の米軍基地問題を多くの方に知っていただくにはそれなりに効果のある番組であったように思います。
三崎市長も登場していましたが、「国の専権事項だから」と住民の首長としての立場を放棄したような発言をしておられて、これには大いに疑問を持ちました。

明日の朝10時頃に再放送がありますので、今夜見られなかった方は可能なら見て下さい。

11/11(金)夜

Original post in Facebook