2016-11-22

文殊さん定期報告917

★今日から小雪!
★地震、津波、原発事故! そこへトランプの嵐!
★宇川の電線、例の太いのは通信ケーブルとか・・?

本日2016年11/22(火)は、米軍基地工事開始から911日目(2年と180日)、レーダー搬入より764日目(2年と33日)、本格稼働699日目(1年と335日)でした。

今日から二十四節気の小雪、曇り空の割と暖かい日でした。明日は冷え込みそうとのです。
今朝は福島沖でまた大きな地震(M7.5)があり、津波警報が出て大変な状況となりました。幸い大きな被害はなかったようですが、福島第2原発では3号機で使用済み燃料の冷却装置が停止するという事故が起きています。

地震や津波は自然災害ですが、原発は人のやることです。その原発が地震や津波でどれだけの人を困らせるか、分かっていながらどうして再稼動なのか? いいかげんにしろという警鐘が今日の出来事(地震・津波・原発事故)であると思っています。とにかく原発は即刻やめにしなければ日本の未来はありません。

アメリカの次期大統領トランプさんが改めて「TPP離脱」を公表したということで、先日その法案を衆議院で強硬採決したばかりの安倍政権はあたふたしておられます。アメリカの意を汲むことだけに汲々としてきた哀れな姿を晒しています。
同じ事が在日米軍基地でも繰り返される可能性が高くなってきました。これを機に真の自立外交へ転換するチャンスが期せずして訪れたということです。隷属的な日米安保体制、日米地位協定を解消する絶好の機会です。最低、地位協定の不平等内容を回復しなければなりません。
丹後の会はその事へ向けて市の12月議会へ「陳情」を提出しました。市長、議員さん方には今の日米最前線情報を踏まえてしっかりとした議論をお願いしたい。
日本に米軍基地はいりません。置くのなら最低彼らの特権をなくさねばなりません。

宇川の電線工事ですが、先日これが3万3000ボルトの電線だと紹介した黒くて太い1本の線が、電線ではなく通信ケーブルであるという話が有力な筋から入ってきました。これまでの観察から容易には頷けません。
工事の終わった電柱に今張られているあまたの電線は一体どれがどうなのか、全く明らかにされない状態でのそういう話では話になりません。
関係の方々に明確な説明を求めていきたいと思っています。

基地は通常の状態に戻っているようです。昨夜のレベル2は何だったのか、よく分かりません。
自衛隊工事フェンス脇の枯れ松3本が伐採されて、きれいに掃除がされていました。このところ中央の大黒松も枯れた葉が目立つようになって来ました。

11/22(火)夜

Original post in Facebook