2016-12-06

文殊さん定期報告928

★荒れた一日でした!
★自衛隊工事、4本の柱出現! 変電所には大きなマシン!
★取材の記者、「とんでもなく大きくなってますね」!

本日2016年12/6(火)は、米軍基地工事開始から925日目(2年と194日)、レーダー搬入より778日目(2年と47日)、本格稼働713日目(1年と349日)でした。

今日は朝から荒れた天気、お参りは強烈な風の音の中で、発電機の音も聞こえにくいくらいでした。

午後に某新聞社の取材を兼ねて再度お参りをしましたが、暗い空の下で基地はフル稼動、自衛隊工事と変電所工事もフル操業という感じでした。

自衛隊工事では通信棟の近くに4本の柱が出現、これは何なのか・・? 4本の柱はそれぞれが一点に向けて傾いた形体です。これこそがアンテナの支柱ではないかと思われます。
変電所の方は、どうやらメインのマシン(変圧器?)が据え付けられたようです。

今日遠方から来られた新聞記者さんは昨年6月にも来られた方ですが、昨年に比べて文殊さん一帯が「とにかく大きく物騒になってきている」ととても驚いておられました。特に洞窟上の米軍トイレについては、「えーー、こんな所にこんなものを・・?」と呆れかえっておられました。
その「洞窟上トイレ」、3万3000ボルトの電線導入、三角地の拡大、福知山射撃訓練問題など最近の動きが、この場所を日米の一大軍事拠点にしていこうとしているが、そのことをマスコミがほとんど伝えてくれない。と言わせていただきました。
どんな記事にしていただけるのか、楽しみです。

12/6(火)

Original post in Facebook