2016-12-08

文殊さん定期報告931

★4本の支柱に付属の金属パイプ!
★変電所は「経ヶ岬配電塔」!
★明日から市議会の一般質問!!

本日2016年12/8(木)は、米軍基地工事開始から927日目(2年と196日)、レーダー搬入より780日目(2年と49日)、本格稼働715日目(1年と351日)でした。

今日も不安定な天気の一日でした。

基地は「洞穴上トイレ」も発電機も変化なく動いています。
12月に入って一番大きな管理棟の奧に恒例のサンタさんが出てきました。手にするプラカードには「ゴッド ブレス アメリカ」と書かれています。神がアメリカを祝福するから仏の土地(文殊さん)には何をしてもかまわない、ということなのかと今年は読めてしまします。

自衛隊工事現場に登場した4本の緑の鉄柱に付属の金属パイプが取り付けられ始めました。これが巨大アンテナの支柱組であることが明確になってきました。おそらくもう一組あるのでしょう。道の駅にはそれらしい太いパイプを積んだ大型トラックが駐まっていました。熊谷ナンバーでしたので関東(埼玉県?)から運ばれているようです。

変電所の変圧器に付属の設備が付いて、「経ヶ岬配電塔」というネームプレートが掲げられました。やはり「変電」ではなく「配電」ということのようです。これからここに3万3000Vの電線が引かれてくるということです。
変電施設とは別に、この施設の傍を通る府道が水道管工事を終えて新しく舗装されています。今宇川のあちこちでこの手の工事がやられています。

明日(12/9)から京丹後市議会の一般質問が始まります(12/13まで)。今回の質問者は21名、議長を除いて全員ということのようです。質問項目は各議員様々ですが、米軍基地問題を取り上げるのは前回と同じく共産党の議員さんだけ(田中邦生議員と橋本まり子議員のお二人)です。夏以降、市民の安全安心にかかわる重大な新しい問題が発生しているのに何とも寂しい限りです。

明日の初日にその共産党の田中議員が「米軍基地の安全安心について」、橋本議員が「米軍の福知山実弾射撃訓練問題と穴文殊上トイレ問題などについて」質問されます。回答者はどちらも市長さん。「米軍基地問題でのあらゆる不安を解消する」との公約を掲げながら、最近基地問題に対する意欲をあまり感じられない市長さんの言葉に注目しましょう。
可能な方は傍聴をお願いします。

「憂う会」が「陳情Ⅴ」を扱うことになるであろう基地対策特別委員会の動向もとても気になります。

12/8(木)夜

Original post in Facebook