2016-12-21

文殊さん定期報告943

★今年もあとわずか!
★ひどい政治の続く1年でした!
★毎朝すごい車の数!!

本日2016年12/21(水)は、米軍基地工事開始から940日目(2年と209日)、レーダー搬入より793日目(2年と62日)、本格稼働728日目(1年と364日)でした。

今日は冬至。ですが、冬の気配はどこにもないような晴天の一日でした。
せっかくタイヤを換えたのに全然雪道になりません。このところ良い天気が多く、この冬がどうなっていくのか、1月にはスゴイ反動が来て大雪にでもなるのか、何だか心配です。

沖縄では12/13に墜落したオスプレイの機体回収もできないのに、12/19には運転が再開され、その翌日(12/20)に最高裁がその沖縄の高江で無法を続ける政府の御用機関のような判決を出すという、正に木の葉が沈んで石が浮かぶような政治の荒廃の中で今年もあと10日です。
この一年、そういう困りごとの最前線に立ち続けた文殊さんであったなぁと思っています。

基地の方ですが、先日来つい目が行く自衛隊工事のアンテナの鉄柱は、3段目の垂直部分にも鉄骨が何段も組まれてきました。
道の駅には次の鉄柱を積んだ大型トラックも駐まっていました。どこまで伸びるのか、次のが立つのか、とにかく目が離せません。
変電所の舗装工事も最終盤に入ってきた感じです。
米軍基地は少し車が多目でした(レベル2くらい)。作業の方々の出入りも変わりません。

ここのゾーンにかかわって、毎朝大量の車両が入ってきます。朝の7:00から8:00にかけて数珠つなぎといいたくなるほどの車の数です。自衛隊勤務関係、米軍関係、諸々の工事の関係、ほんとにすごい数です。宇川の住民はとても安心して暮らせない状況が続いています。

12/21(水)夕

Original post in Facebook