2017-01-07

文殊さん定期報告959

★再開工事本格化!
★市、米軍へ19項目を申し入れ!!
★その中に、安全講習の義務化はあるのか・・?

本日2017年1/7(土)は、米軍基地工事開始から957日目(2年と226日)、レーダー搬入より810日目(2年と79日)、本格稼働744日目(2年と13日)でした。

今日は朝から今年何日目かの良い天気で、いつもの方が境内の掃除に勤しんでおられました。いつものことですが、頭が下がります。

今日のお参りは、土曜日ということで朝9時前に行きました。自衛隊工事は2台の大型クレーンが空にそびえて作業をしておられました。その1台はアンテナ鉄塔の鉄骨をつり下げたりの作業でしたが、鉄塔の中盤のフロアーで作業をしている人も何人かおられました。鉄塔作業も頂上部に入っていくようです。
変電所のところでは、周縁の溝のあたりを整備しておられました。中浜、尾和間の電線工事も始まりかけています。

基地の方は土曜日で最小要員のみという感じでした。

京丹後市は昨年12/10の事故を受けて、米軍に対しより具体的な交通安全対策を求めるとしていましたが、それがやられたと今日の毎日新聞に出ていました。
それによると、雪道の安全運転の具体的テクニックなど19項目を申し入れたとのことです。「雪道走行の目安は時速20㎞から40㎞」とか「雪道での急発進、急ブレーキは自殺行為」「橋、陸橋、トンネルの出口が危ない」など具体的な指摘が盛り込まれているようです。
地元の者にとっては常識中の常識ばかりという気もしますが、しっかり申し入れるのは大切なことです。効果のほどは、これから降る雪の中で分かるでしょう。

ただ、その内容の中に「運転は安全講習を受けてからでないとダメ」というこれまでから大きな問題となっている項目はあるのだろうか? ということがとても気になります。
申し入れ書の詳細をまだ読んでいませんので何とも言えませんが、もし無いのならば市長の極めて消極的な姿勢がまた問われることになります。

1/7(土)夜

Original post in Facebook