2017-02-08

文殊さん定期報告989

★電線の電磁波、看過できない!
★稲田大臣、南スーダンでボロボロ!
★福知山、本格訓練は今月後半くらいからか・・?

本日2017年2/8(水)は、米軍基地工事開始から989日目(2年と258日)、レーダー搬入より842日目(2年と111日)、本格稼働776日目(2年と45日)でした。

今日も曇天の寒い1日でした。
今朝はレイセオンの車が久し振りにレベル2でした。
基地内でどんなことがやられているのかはよく分かりません。
ゲート真ん中のオレンジ無災害記録パネルはほぼ毎日数字が変えられています。そういう事を専門に担当する要員が、シェネガやレイセオンや軍人さん以外におられるということらしい。相当以前から国道脇に東京ナンバーのワゴン車が2台駐められるようになっています。このワゴン車では米人らしい労働者が通っているようです。この方々がそういってことの要員であろうと思われます。

国道脇の参道側のプレハブは、「P.W.」という表札と「OPEN」というネオンが昨年からつけられています(このネオンが夜は目立つ)が、どういう場所なのかよく分かりません。

先日測定した電線関係の電磁波の件ですが、ほぼ測定結果がまとまりました。高くて危険な数字が色々と出ています。看過することはできません。この件と電線の現状を基地対策室に確認して関電の説明との関係を明らかにしたいと思っています。
おかしなところがあり、危険が予想されるようなことなら電流を流すことはやめていただかねばなりません。

稲田防衛大臣は予てから靖国神社の信奉者であり、憲法9条を嫌っておいでの方であることは周知のことですが、国会でいろいろと興味深い発言をされておられます。
昨年自衛隊の派遣先の南スーダンで数百人の犠牲の出る戦闘行為がありましたが、その時の自衛隊の日報(廃棄されたとされていたものが最近出てきた)を読んでいなかったとか、その戦闘行為を意図的に武力衝突と言い換えて(憲法9条の下では不適切とのことで)、PKO活動を逸脱しているのをゴマカしていたとか・・。

正に戦場となっている危険なところへ行かせていながら、その現状を把握することもせず勝手な言葉遊びで放置している。あたかも聖なる犠牲者が出てくるのを待っているかのごとき仕事ぶりです。こういう人の口から出る「国を守る」という言葉がいかに欺瞞にみちたものかがよく分かります。

憲法9条の下では、本来こういう防衛大臣やそういう人を任命する総理大臣の存在は許されないということだと思います。

福知山での米軍の実弾射撃訓練ですが、確認したところ昨年11/29以降はやられていないとのことです。今後の予定は分かりませんが、今月の後半くらいからやられるのではないかというウワサとのことです。
福知山市は、住民市民の安全安心の立場から事前にその情報を明らかにする必要があります。

2/8(水)夜

Original post in Facebook