2017-02-16

文殊さん定期報告997

★晴天、雪解ける!  
★基地は無災害記録を更新!
★「陳情Ⅵ」、3月議会は間に合いませんでした!

本日2017年2/16(木)は、米軍基地工事開始から997日目(2年と266日)、レーダー搬入より850日目(2年と119日)、本格稼働784日目(2年と53日)でした。
この報告、1000回の大台が目前となってきました。

今日は朝から青空に朝日の差す晴天で、雪の解ける音が聞こえてきそうな一日でした。
海岸線の道淵の雪は今日の日中でほとんど消えてしまいました。雪はもういい、堪能した(丹後弁ではこれをタンノしたと言います)という声が巷に溢れています。

お参りでは文殊さんの雪も軒下の溜まり雪くらいとなりました。
永久閉鎖となった洞窟上トイレ跡に変化はありません。
発電気の音は変わりなく、レーダーサイトのランプも変化なく点灯しています。

レイセオンの車はやはりレベル1.5くらい。米人作業員の方は敷地管理を地道にやっておられます。オレンジの無災害パネルは毎日数字を更新しています。

自衛隊の工事は盛んです。変電所の金網フェンス工事も進んでいます。敷地と変電機と2重になるようで、縦貫林道の碇配電塔(機械は同じレベルと思われる)と比べると相当に大きなものです。やはり基地仕様ということか。

昨日の特別委員会の様子が新聞報道(毎日新聞)されましたのでそれも上げておきます。

昨日の報告で3月議会へ「陳情Ⅵ」を出したいと書きましたが、実はその受付締切が今日でした。残念ですが、今回は見送りとなります。まずは「陳情Ⅴ」の状況を確認してからでないとと思っていたのですが、現実は中々きびしいものとなりました。その次は6月議会となります。

2/16(木)夜

Original post in Facebook