2017-02-24

文殊さん定期報告1005

★自衛隊通信棟、真っ黒に!  
★電線電磁波の件、府へ要請!
★福知山、近々2回目の実弾射撃訓練か!?

本日2017年2/24(金)は、米軍基地工事開始から1005日目(2年と274日)、レーダー搬入より858日目(2年と129日)、本格稼働792日目(2年と61日)でした。

不安定な天気が続いていますが、確実に日の出は早くなり(6時半頃から明るい)、日の入りは遅く(6時前まで明るい)なってきました。
今朝は日も差して暖かく警備の方々が坂のところで寛いでおられました。

自衛隊工事の通信棟ですが、その側面が全面真っ黒に塗られてきました。そして西側には大きな土の山です。おそらくこの黒い色のところまでこの山の土が盛られるということでしょう。通信棟を土に埋めるというのには軍事的な必然があるようです(沖縄など他の基地でもそうなっています、素人には分かりませんが・・)。

先日来報告している宇川の電線電磁波の件ですが、憂う会も名を連ねた報告書を府の方へ今日送りました。報告だけはしておきます。詳しい内容は市へも提出してから近いうちに出したいと思っています

福知山からの情報が入ってきました。
はっきりとは分かりませんが、いよいよ米軍の2回目の実弾射撃練習が近づいてきているようです。ということは経ヶ岬に当然動きがあるわけで、気をつけてお参りせねばと思っています。

2/24(金)夜

Original post in Facebook