2017-03-01

文殊さん定期報告1010

★今朝は、霜雪の如し!
★「安安連」、いろいろ出てきたようですが・・!
★今月の言葉、「慢心によって邪となる」!

本日2017/3/1(水)は、米軍基地工事開始から1010日目(2年と279日)、レーダー搬入より863日目(2年と134日)、本格稼働797日目(2年と66日)でした。

今朝は放射冷却で霜の降る朝となりました。
青空の一日で府立高校の卒業式には最適となったようです。

そんな天候のせいでもないでしょうが、基地の発電機がやたらにうるさく感じられました。
自衛隊の工事は今週100人体制が続いています。

昨日の「安安連」11回目の記事が(予想通り)今日の毎日新聞に掲載されました。
注目の防衛と米軍の交通事故安全対策について、防衛は「受講後の運転を」という市の要請を受け、「安全教育のDVDを作って米軍に提供した」とのこと、一方米軍は「短期出張者に空港から基地までの運転をさせないことは難しい」と回答したとのこと。これらに対し、宇川の連合区長さんは「米軍関係者は事前に先任者とともに通勤通路を視察した上で運転をしてほしい」と強く要望し、市の交通安全指導会長さんは基地への道の運転への掲示などを米軍関係者は分かっているのかということを言っておられます。

前回昨年11/30の「安安連」で「講習の条件化は難しい」などと言っていたことを思うと、防衛も米軍もそれなりに努力してという一定の前進を率直に感じます。ですが、渡された防衛のDVDを米軍がどう扱うのかは「?」です。また、米軍の発言は「空港から基地以外なら講習前提を実現できる」ようにも取れるのですが、そこまでの内容を考えているかは不明です。
詳しい内容が今後わかると思いますが、防衛も米軍も一番肝心のことは避けているという感じがしてなりません。

先日の大雪などでも幸いに事故は起きていないようですが、それは今の状況を踏まえての慎重運転の産物であって、この程度の事で今後の事故を防止できるとは思えません。更なる対策と監視が必要です。根本は地位協定の特権にあることは論を待ちませんが・・。

また、市がようやく懸案事項のドライブレコーダーをスクールバスなどに設置することを決めたとのこと。検討すると始めて言ったのは確か3月議会だったと思います。評価はしますが、対応が遅すぎるしまだまだ不十分です。

3月に入り、文殊さんの今月の言葉が「」に変わりました。
邪なものが何なのか、言うまでもないと思っております。早急に洞窟上のコンテナを撤去されたし。

3/1(水)夜

Original post in Facebook