2017-03-06

文殊さん定期報告1013

★また、日本海にミサイル! 基地は特に変化なし!
★「挑発」は北だけか?!
★福知山の実弾射撃訓練、今日2回目!

本日2017/3/6(月)は、米軍基地工事開始から1015日目(2年と284日)、レーダー搬入より868日目(2年と139日)、本格稼働802日目(2年と71日)でした。

今朝のお参りの最中(朝7時半過ぎ)に北のミサイル発射があったようです。
その時には当然というかその情報を知りませんでしたが、基地の様子に特にいつもと変わった感じはありませんでした。発電機が今朝もうるさいな(このところ音が大きくなっているようです)と思ったくらいです。
レイセオンの車の数はレベル1強というところでした。(夕方はレベル2程度)。

ミサイルは北朝鮮の西部から4発発射され日本海を東へ1000㎞以上飛んで、秋田沖300㎞くらいのEEZ(日本の排他的経済水域)に3発が落ちたらしいということです。
昨年8/3の時と同じように、青森県車力のXバンドレーダー基地の手前に落ちた(落とされた)ということです。

昨日も報告した3/1からの大規模な米韓合同軍事演習への予告通りのリアクションということだと思われます。日本政府やマスコミは異口同音に北の行為を非難し「挑発をやめよ」ということを繰り返しています。
そのことに反論はしませんが、一方で米韓合同軍事演習は「挑発ではないのか?」ということを思ったりします。
地続きの国境を隔てたすぐそこで、30万人以上の軍事演習(こんな大規模な軍事演習は世界中のどこでもやられていない)がこともあろうに自分の国への侵略やそのトップの殺害を想定してやられている。それが北への「挑発」でなくて何なのかと問いたい。
さらにそれが「日本への脅威だ」と日本政府は盛んに言うが、あれはまずはアメリカへの示威行為であって日本などへはその子分であることへの「おまけとしての脅威」だということです。
北の肩を持つわけではありませんが、一方的にアメリカは何をやっても正義で北のやることは全部悪だというような単純な図式で日本の安全を語ってはいけないと思っています。その単純な思い込みこそがよほど日本の安全を脅かすと思うのです。

今日のミサイルを車力と経ヶ岬のXバンドレーダーはしっかり掴んでいたことでしょう。その情報は米軍から日本へしっかり提供されているのか? そのことをこそまずは確認したいと思うが、マスコミは何も報道しないし、国会でも誰も聞かない。それが不思議でなりません。
昨年8/3のノドンの時もそうだったし、先日2/12の新型ミサイルの時もそうだった。安倍・トランプは「日米は100%いっしょ!」などと言いながら、ミサイルの情報をアメリカは言わないし日本は聞きもしない。これこそ「日本への脅威」以外の何物でもないと考えます。

今日はまた先日来予想されていた、福知山での米軍実弾射撃訓練の2回目が行われました。現地へ行かれた方の報告をシェアさせていただきましたが、マイクロバスと武器弾薬輸送車など一連の関係車両が来て午後1時過ぎくらいまでバンバン撃ったり騒音調査をしたりしていたそうです。
北のミサイルの最中にも拘わらず米軍司令官の姿もあったようです。
明日と明後日も実弾訓練の予定が入っているそうですが、それ米軍かどうかは分からないとのことです。米軍の可能性が大きいのではと思っています。

夕の文殊さんお参りで、武器弾薬の輸送に使われるレンタカーが内陣前に駐まっていました。訓練するシェネガの人達は経ヶ岬から異動するとされていますが、本当にそうなのかとても疑問です。島津の宿舎から直接行っているのではと思ったりしています。

3/6(月)夜

Original post in Facebook