2017-03-15

文殊さん定期報告1023

★荒れた1日でした。
★3万3000Vは弥栄町の変電所から!
★3月半ば、内外ともに大荒れ!!

本日2017/3/15(水)は、米軍基地工事開始から1024日目(2年と293日)、レーダー搬入より882日目(2年と148日)、本格稼働811日目(2年と80日)でした。

今日は朝から霰が降り風の強い日となりました。午後には丹後地方に強風波浪警報まで出されました。アメリカの東海岸では雪で事情事態宣言も出されたりしているとか、人の世がバタつくと天候異変や災害も付いて回るような気がします。

今朝はレイセオンの車がレベル2、発電機の音が風向き(北)もあるのか一際うるさい感じがしました。自衛隊工事は相変わらずたくさんの車両が出入りしていろいろとやっておられます。

3万3000Vの電線ですが、一体どこから引かれてきているのかを確認しました。弥栄町鳥取の「弥栄変電所」からのようです。弥栄変電所には大きな鉄塔で10万V以上の高圧電線が網野方面から入ってきて、その変電所近くの電柱に地下からのパイプで3万3000Vの線が出てきて丹後町へ送られています。
電磁波も強く60mG以上が出ていました。またその周辺には6600のパイプがむき出しのところが何カ所もあり100mGを越えるところもありました。丹後町と同じで注意喚起の表示等は何もありませんでした。

3月も半ばに入りましたが、国際情勢も国内情勢も大荒れの状態です。権力とお金を持つ声の大きな人達の浅い言葉にに惑わされず、ウソを見抜かねばなりません。大切なのはわれわれ庶民の命と生活、そして民主主義です。

3/15(水)夜

Original post in Facebook