2017-03-16

文殊さん定期報告1024

★日の出が早くなりました。
★お参りの方が増えています!
★観光と温泉を兼ねて是非あなたも!!

本日2017/3/16(木)は、米軍基地工事開始から1025日目(2年と294日)、レーダー搬入より883日目(2年と149日)、本格稼働812日目(2年と81日)でした。

日の出が早くなって、朝6時には明るくなってきました。20日の春分まであと少しです。今日は曇りながら割と明るい朝でした。寒波を交えながら確実に春は進んでいます。

最近、朝のお参りでシェネガの人に挨拶してもほとんど無視されます。前はフランクな方も多かったのですが・・。今更のようにカメラを持ち出して撮ってもおられます。監視カメラは山ほどあるのに・・。

基地の様子、工事の状況、特に変化のないように思われます。

このところ、文殊さんのお参りにいろいろな方々が来ておられます。3月に憂う会でご案内しただけでも、京都の弁護士のグループ、兵庫県の市民グループ、京都市の市民グループ、府議会の議員さんなど。これからの予定も目白押しです。京都市の丹後出身者のグループ、向日市の市民グループ、憂う会メンバーの知人グループなどの予定が入っています。
文殊さんの芳名帳にも日々様々な方のお名前が記されています(もうすぐNo39が一杯になります)。その住所も近場だけではありません。少しずつですが、確実にここを知る人々の数は増えています。ありがたいことです。

お参りされた方々が異口同音に言われるのは、「あのうるさい音は?」「こっちもこっちも基地ですか?」「これがトイレ? えーッ・・。」「こんなことになってるんですね、はー・・。」というような言葉です。

この報告を見たり読んだりされていた方でも。「実際に来てみると、思っていたイメージと全然違って強烈ですね。こんなことになっているとは・・。」と言われる方がほとんどです。

寒さを挟みながらこれからどんどん春の陽気が増えていきます。興味のある方、観光と温泉も兼ねて是非宇川へおいで下さい。案内が必要な方は憂う会(事務局長Tel.09032723712)へ気軽に連絡を下さい。可能な限りということでご案内させていただきます。

3/16(木)夜

Original post in Facebook