2017-03-20

文殊さん定期報告1027

★3日目も晴!
★自衛隊新隊舎、全面が緑色に! 
★京都「丹後人の会」、文殊さんにお参り!

本日2017/3/20(月)は、米軍基地工事開始から1029日目(2年と298日)、レーダー搬入より887日目(2年と153日)、本格稼働816日目(2年と85日)でした。

今日は春分の日、彼岸の中日でした。3連休の最後でしたが、今日もまたよい天気の1日でした。皆さんお墓参りには行かれたでしょうか、報告者も線香だけ持って行ってきました。

今朝のお参りで本堂の芳名帳No39(確か昨年11/6からのもの)が一杯となり、ご住職へ連絡をしてNo40を作っていただきました。この3連休、お参りの方が多く一気にページが進みました。

その文殊さんの周囲ですが、祝日をものともせず、自衛隊工事は盛んに行われ、電柱工事もやられ、米軍基地の要員も相当数集まっておられました。
自衛隊工事では、新隊舎の緑の塗装がほぼ全面になされたようです。

今日は京都市内の丹後地域出身者で構成するグループ(「米軍基地のないふるさとを守る丹後人の会」)がお参りに来られて案内をさせていただき、「憂う会」のメンバーとの懇談の時間を持ちました。米軍基地と自衛隊工事の今の状況とこの地を巡る最近の状況についても解説させていただき、さらに「憂う会」の取り組みや宇川の人間の思いも聞いていただきました。
私たちの思いを共有していただけたと確信できる時間となったと感謝しております。

3/20(月)夜

Original post in Facebook