2017-03-22

文殊さん定期報告1029

★今朝はレベル2.5! 
★また北のミサイル発射!
★米韓合同軍事演習は続き、宇川への脅威も続く!

本日2017/3/22(水)は、米軍基地工事開始から1031日目(2年と300日)、レーダー搬入より889日目(2年と155日)、本格稼働818日目(2年と87日)でした。

今日も春らしい良い天気でした。

朝のお参りでは、まず自衛隊の工事車両の多さと通勤してくる自衛隊員の多さ、それに米軍のレイセオン関係者の車の多さが目立ちました。

レイセオン関係はレベル2.5というところで、朝からこんなに多いのは久し振りでした。
何かあるのかと思ったら、北朝鮮がその朝(7:49)にまたミサイルを発射し今回は失敗したとの報道がなされました。なるほど、ということです。

NHKのニュースでは今回の情報は韓国軍と米太平洋軍からということでしたので、ひょっとしたら今回は車力とここの経ヶ岬の情報が入っているのかも知れません。

日本政府は「高度な監視体制を取っている」とのことですので、自衛隊の方の多さも関連があるのだろうと思われます。その「高度な監視体制」に大きく関わってくるのが現在工事中の新しいアンテナということになれば、その完成を急がねばならないということも見えてきます。

3/6のミサイル4発の際に、袖志では「ここが狙われる」ということが話題になったと聞きました。同じ宇川に住む者としては「宇川が狙われる」と、同じ危惧を抱きます。笑い話では済まされない事態です。

それにしても、米韓合同軍時演習は何の批判を受けることもなく続いています。5/1までということです。少なくともその日まではいつミサイルが発射されるのか分からないという「高度な状態」が続くということです。宇川は脅威にさらされ続けるということです。
そのようなものはいりません。

3/22(水)夜

Original post in Facebook