2017-04-17

文殊さん定期報告1052

★今日から荒れ模様!
★6/3に東アジア最新情勢の学習会!
★6/4には宇川で集会!

本日2017/4/17(月)は、米軍基地工事開始から1057日目(2年と326日)、レーダー搬入より915日目(2年と181日)、本格稼働844日目(2年と113日)でした。

今朝は荒天でしたが、昼頃より崩れだし夜には大荒れとなりました。
菜園の鯉のぼりを朝のうちに下ろし、ケースに格納したのは正解だったようです。

外から見る限りでは米軍基地の状況に変化はありません(あくまでも朝しか見てませんが・・)。しかし、監視レベルは自衛隊も含めて相当に高いはずです。

自衛隊工事は朝7時過ぎから作業の業者や資財搬入の大型トラックが次々とやって来て大変な状況です。今週は135人という工事開始以来最大の人員体制です。このところ、ゲートは7時半頃に開いて8時頃から作業開始という感じではあります。夜は時に10時を過ぎてもゲートが開いていたりしています。

今日、「憂う会」の打ち合わせがあって、当面の取り組みを確認しました。
市民住民の安全の確保というレベルを遙かに越えた、国家的な危機に瀕している今の状況の中でその現実をまずしっかり学習し、そのことを市全体に広く広報していこう。6月議会と次の「安安連」へ向けた取り組みを確実に行おう。というようなことを確認しました。

前者の具体的取り組みとしては、
①6/3(土)に「緊迫する現在の東アジア情勢と経ヶ岬軍事施設の意味」について京都平和センターの片岡さんに来ていただいて学習する。※詳細は後日。
②6/4(日)には近畿・京都連絡会の主催で行われる反基地宇川集会に「憂う会」としても協賛で参加し、連帯の行動を行う。※これも詳細は後日。
③「憂う会」の最新ビラを発行し現在の極めて危険な経ヶ岬の状態と従来からの安全安心問題の最前線を広く皆さんにお知らせしよう。 というようなことを確認。
後者では、
①5/9と5/10に予定されている議員懇談会へ出席して議員さん方の現状認識を質し具体策を提案する。
②6月議会へ「陳情Ⅵ」を出す。
③6月初旬くらいに開催されるであろう第12回「安安連」へ地元からの声がしっかり出されるよう取り組む。
④3万3000Vの電線の電磁波調査を続けていく。

6月へ向け、忙しい日々となりそうですが、それまでに国家的なレベルでとんでもないことが起こされないかそちらの方がとても心配です。

5/17(月)夜

Original post in Facebook