2017-04-23

文殊さん定期報告1057

★良い天気でした!
★向日市の皆さんがお参り!
★Xデーは火曜日(4/25)、マスコミは火に油を注ぐのか!

本日2017/4/23(日)は、米軍基地工事開始から1063日目(2年と332日)、レーダー搬入より921日目(2年と187日)、本格稼働850日目(2年と119日)でした。

今日は一日素晴らしい快晴でした。宇川では各地区田んぼの畔の草刈りや、海の掃除などの共同作業やそれぞれの田んぼ準備、野菜の植え付けなどに多くの方が大わらわという状況でした。報告者も午前中は地区の管理する海岸清掃に汗を流しました。

今日は日曜ということでしたが、基地のレベルは1強といつもの日曜より多い感じでした。北の情勢がかかわっているのかもしれません。レーダーサイトのランプはかつてのようにずっと点いています。
自衛隊の工事は週に唯一のお休みで人影なし。明日から2基目の鉄塔がどんどん伸びていくことでしょう。

今日は、向日市の市議さんを中心とする有志の方々が10数名お参りに来られました。お参りの後で、この4年間の話も聞いていただきました。はじめての方ばかりで、まずは場所の状況(360度軍事施設)にびっくりされ、説明のたびに「そうなんですか!」というようなことでした。地域にとってどういうものなのかということもしっかり聞いていただきました。「この現実をとにかく多く方に伝えたい」と言っていただきありがたい限りです。

沖縄での厳しい状況なども伝えられますが、こうして仲間は着実に増えています。
今日は京都連絡会の皆さんがまた現地行動に来られました。遠いとこいつもありがとうございます。

マスコミ報道では、4/25の火曜日に北朝鮮が何かやるのではないかという話で持ち切りです。「やるのでは?」の域を越えて、「やらせたい!」のかと思わせるほどの報道姿勢を感じてなりません。火に油を注いでどうする!
やらせてはいけない! そのために日本が動け!! という報道にどうしてならないのか。
日本のマスコミにはかつて戦争の主翼を担ったという実績がありますが、その轍をまた踏もうとしているのか。
何かやられたら、自分の国が火の海になる危険を一体どう認識しての報道なのか。
憤りが収まりません。

4/23(日)夜 

Original post in Facebook