2017-04-25

文殊さん定期報告1059

★暖かい一日でした!
★発電機、やたらにうるさい! 
★Jアラート、住民は、学校はどうするのか!?

本日2017/4/25(火))は、米軍基地工事開始から1065日目(2年と334日)、レーダー搬入より923日目(2年と189日)、本格稼働852日目(2年と121日)でした。

今日は朝から南が吹いて気温18度、海には風の吹くたびに岸から沖に向けて縮緬皺が走る光景が見られました。午後は暑いくらいで、夕方には雨となりました。

北朝鮮云々の騒ぎの中ですが、基地の様子にはやはり大きな変化はないようです(あくまで朝の様子ですが・・)。ただレーダーサイトの赤いランプがまた点いていないようなのと、発電機がやたらにやかましいことが気になります。シェネガの警備の人たちも心持ピリピリしておられるような感じもしました。駐車場のレベルは2弱くらいです。今朝はゲートも開いていました。

自衛隊工事は、2つ目のアンテナ鉄塔が2段目への作業に入り、通信局舎の土壁は相当上部まで(土の層は8段くらい)積み上げられてきました。正にピラミッド建設のようです。

今日は北朝鮮のXデー、何かあれば(起こりそうなら)Jアラートというもので国が情報と行動指針をお知らせしてくれるということでした。丹後の教育機関の一部ではその主旨を子どもたちに徹底せよという指示を出されたところもあったようです。
そんな状況で朝からとても気になりながらの一日でした。

しかしながら、実際にJアラートが「危ないです、気を付けてください」と警告しても一体どこにどう退避すべきかなどは何も具体的なものがありません。
学校などは一体どうすればいいのか? 特に宇川や京丹後のように直接米軍基地を抱える地域は一体どうすればいいのか? 市や府が(学校なら府教委や市教委が)しかるべき対応のイニシアチブを取って具体化するのが当然のことですが、そういう話を聞いたことがありません。市に確認してみようと思っていますが、あまりにも無責任です。

北朝鮮は今日、ミサイルや核実験でなく大規模な砲撃訓練をやって、「いつでもやるぞ」という声明を出し、アメリカは「危険は取り除くぞ」と相変わらず恫喝の言葉を吐いて、原子力潜水艦(核ミサイル搭載(?)の)を韓国プサンに入れたとのこと。
カールビンソン軍団と海自の共同訓練(合同軍事演習とどう違うのか不明)は日本海でもやるらしい。日本政府はあくまでアメリカのテゴになって北に対抗する決意のようです。沖縄では辺野古の工事をまたまた強行し始めたとの報も入ってきています。
日本独自の外交努力など全くなく、国民をただただ危険にさらすだけ。一体どこの国の政府なのか。

直接の危険はこれからも(少なくとも米軍が東アジアから去るまで)ずっと続きます。

4/25(火)夜

Original post in Facebook