2017-04-30

文殊さん定期報告1063

★田んぼ日和の一日でした。
★自衛隊新基地は米軍を凌ぐ!
★最近米兵を見かけません・・!?

本日2017/4/30(日)で、米軍基地工事開始から1070日目(2年と339日)、レーダー搬入より928日目(2年と194日)、本格稼働857日目(2年と126日)に入りました。

夏のような温かい日でした。八重桜をあちこちで目にします。タニウツギのピンクとウツギの白もその時期になってきました。今日は絶好の代掻き日和、田植え日和で宇川の田んぼでも野良仕事の人(報告者もその一人)をたくさん目にすることができました。

「高度な警戒態勢」が依然として続く中ですが、基地はいつもの日曜日という感じで人の姿も車の数も最小体制というところでした。
レーダーサイトの赤いランプはこのところ点いているのを見たことがありません。
Yナンバーの数字がまた増えて64、65というのを見かけました。Yでもわでもない車をちょくちょく見かけることがあります。

自衛隊工事はゲートを閉めて週に一度のお休みです。来週は少し作業の方の人数が少なくなりそう(後半には100人以下)です。
それにしてもこの自衛隊の新しい基地、大きな新隊舎、2基の巨大なアンテナ塔とピラミッドを思わせる通信局舎と隣の米軍基地を凌駕する勢いです。「専守防衛」から「積極的平和=力による抑止=戦争をする国」へこの国の舵を切ろうとする安倍政権の姿を露骨に示しています。

最近目立った変化はありませんという報告の多い米軍基地ですが、その報告に何か違和感のようなものを感じても来ました。その違和感の一つに今日気が付きました。それは相当前から基地(自衛隊基地も含め)に彼らの姿がないということです。20人ほどいると言われあれだけしょっちゅう出入りしていたあの迷彩服(自衛隊とは色が違います)の人達の姿も車もこの数か月見たことがありません。目にするのはシェネガの人達とレイセオンの人達と作業の人達だけです。
お参りはほとんどが朝と夕方か夜なので、メインの昼の間は来ておられるのかもしれませんが、ずっと同じようなお参りで目にしてきたのですから、やはり変化は起きていると思われます。
最近彼らが宿泊している(筈の)ホテルプラザ吉翠苑(峰山)にYナンバーやそれらしいわナンバーを見かけなくもなっています。ビデプラの駐車場にあったコンテナハウスもどこかへ行きました。
ひょっとしたら彼らもバラバラで住むようになったか、あるいは研修などでまとめてどこかへ行っているのか、一方で「高度警戒態勢」(カールビンソンはとうとう日本海に入りました)と言われながらこの実態はどういうことなのか? 何か新しい情報をお持ちの方は是非教えて下さい。

4/30(日)夜

Original post in Facebook