2017-05-09

文殊さん定期報告1072

★基地、工事、変化なし。
★議員懇談会一日目、事故が心配の声!
★議員さん方、危機意識ほとんどなし!!

本日2017/5/9(火)は、米軍基地工事開始から1079日目(2年と348日)、レーダー搬入より937日目(2年と203日)、本格稼働866日目(2年と135日)でした。

今日は曇りから雨、風もある一日でした。
連休後、菜園の鯉のぼりは休暇に入っています。

今朝のお参り、芳名帳が何だか荒れた様子で妙だなと思ったら、どうやら鳥が突っついたようで表紙が少し破れたりカバーのパラフィン紙がちぎれたりしていました。長らく通っていますがこんなことは初めてです。

基地の様子はこのところの状態が続いています。お参りの時やはりサイトのランプは点いていません。
自衛隊工事も相変わらず。アンテナ塔の4段目が道の駅に待機していました。

夜、議員懇談会の網野会場である三津公民館へ行ってきました。市の総合計画や地域の問題などについて活発な意見が地元の方より出されていました。その中に、「島津の宿舎や網野に住んでいる米軍関係者の車が盛んに通るが、事故があったらどうなるのか、警察はちゃんとしてくれるのか?」という質問がありました。それに対する議員さんのお答えが「警察へ言えば同じようにやってくれますのでそんなに心配されることはないと思います。弁護士など市の支援措置もあります」ということでした。

最後頃に一言ということで、発言させていただきました。「米軍関係者の事故について特に心配ないとの議員さんのお言葉ですが、そんなことはありません。一昨年の魚政前の事故のように、自分が悪くてもそれを認めず、結局被害に遭った方が大きな負担をせざるを得ないことが起こっていますし、警察の調べも米軍には腰が引けています。この件が大問題になって三崎新市長のもとで弁護士の制度ができたのです。日米地位協定で彼らは特権を持っていて、事故を起こしても行政罰がありません。Yナンバーには十分お気を付けください。」という旨のことを話しました。皆さん「なるほど・・」という感じでした。

ついでに最近の北朝鮮情勢について、「北朝鮮と米国の対立が激化して情勢が緊迫し、米軍基地のある丹後も危険度が増しているが、市として議会としてどのように考えているのか? 6月議会で取り上げる予定などはあるのか? 国は避難訓練を奨励しているが市にそういうことをやる計画はあるのか?」という質問をしました。
これについて出席議員さんからの具体的なお答えは「何もなし」ということでした。
予想していたことですが、「核戦争も辞せず」「高度警戒態勢を維持」という東アジアの状況に市も議会もほとんど危機感を持っておられないということが分かりました。寂しい限りです。
「この件、6月議会で真剣に取り上げていただきたい。また、自衛隊が米軍を守りに行って北朝鮮を余計に刺激するというようなことについても、『やめろ』という声を市として上げていただきたい」と強く要望しましたが、反応は芳しくありませんでした。

明日は丹後町などで2日目があります。

5/9(火)夜

Original post in Facebook