2017-06-12

文殊さん定期報告1107

★基地対策特別委員会、開催!
★米軍関係者の事故は47件!
★ミサイル関係、市の対策は国の情報を伝えるだけ・・? 

本日2017/6/12(月)は、米軍基地工事開始から1113日目(3年と17日)、レーダー搬入より971日目(2年と237日)、本格稼働900日目(2年と169日)でした。

今日も丹後は雨降らず。寒いくらいの一日でした。
基地の稼働状況、自衛隊の工事状況はいつものようです。

お知らせしていたように今日は京丹後市議会の基地対策特別委員会がありました。
その内容は、2月と6月の「安安連」の内容についての確認と憂う会「陳情Ⅵ」にかかわる市とのやりとりなどでした。

「安安連」がらみでは、
・12/10の事故の被害者は順調に回復してきている、補償は防衛が米軍との仲に入って保険での対応を行っている。
・米軍二期工事、今年秋着工見込。国道との段差を日本側が検討するという話もあるらしい。
・洞窟上トイレ、撤去の話は聞いていない。調整して進めているとのこと。
・交通安全対策、DVDを2月に全員に見なさいということで渡している。最近新しいものも作った。 ※どの程度実行されているのかは分かりません。
・最近バイクの事故が起きたが、米軍関係者のバイクが何台あるかは市は把握していない。バイク用の安全講習はやられていない。 ※バイクは最低京都Aというのが3台はあるはずです。八戸ナンバーも来ていました。
・商業電力導入は入札不調により来年7月へ延期。防音対策が何か新しくできないか防衛で検討中。市としては受け入れがたいので1日も早くと申し入れている。
・弥栄町黒部に建設中の大がかりなマンションは、懸案の米軍集団居住地ではない。一般の人用だ。 ※一般の人の中に米軍関係者が入る可能性は大いにあるだろう。
・軍人は4月に峰山から島津へ10名程度(※11名)移った。空き部屋へ入ったということで、シェネガの人が何人か個人のとこへ移ったということではない。
・米軍がらみの事故は6/6現在で、47件。そのうち米軍加害のものが34件(人身は3件)、米軍自損が7件、米軍被害のものが6件。3月以降だけで5件起きている。

「陳情Ⅵ」がらみでは
・ミサイル対策では、市は国(総務省)の情報を届けるということが基本。Jアラートを受けて、市の防災無線(特別の警報音を流す)で屋内退避などを呼びかける。具体的な訓練は現在検討中。府との連携は特に関係ない。 
・米軍基地を抱える自治体への米軍からの特別の情報というものはない。今のとこそれを求める考えはないが、扱いを検討したい。 ※「高度警戒態勢」の最中というのにこのような悠長なことでいいのか・・。
・宇川のXバンドレーダーが北のミサイル情報をつかんでも、それが宇川に関わりそうなものであっても、米軍からは特に知らされません。 ※ミサイルが宇川に飛んできても米軍は何も言ってくれないということ。

などというようなことが話されたようです。市の説明・回答者は梅田副市長さんと対策室長さんです。※印は報告者のコメント。
全体として市の米軍や防衛に対する姿勢がとても弱いということを感じます。基地を抱える自治体としてもっともっと毅然と対応していただきたいものです。

なお、「陳情Ⅵ」提出者の趣旨説明(参考人招致)は今回も見送られることになったようです。残念なことです。

6/12(月)夜

Original post in Facebook