2017-06-20

文殊さん定期報告1113

★今日もまた雨なし!
★新たな防音対策とは・・? 自衛隊工事、グラウンドはどうなる・・?
★京都連絡会、市長へ申し入れ!

本日2017/6/20(火)は、米軍基地工事開始から1121日目(3年と25日)、レーダー搬入より979日目(2年と245日)、本格稼働908日目(2年と177日)でした。

今日もまた雨なく、とても蒸し暑い一日でした。明日はもう夏至です。

基地の様子に変化はありません。
発電機の激しい騒音も変わりありません。先日の「安安連」では商業電力の導入が遅れるので何か防音対策の新しいことを検討したいと防衛の責任者が言っていたようですが、それげな動きもまだありません。

自衛隊工事は、昨日この月末で主だった建物は「竣工」という報告を上げました。一方で、二本のアンテナ塔にアンテナの本体はまだついていません。また、確かグラウンド建設も当初からの計画であったはずですが、それはまだ全然どころか、その予定地に大きな土の山がそびえています。この土山はどうされていくのか。どこかへ運ばれていくのか、気になるところです。

議会の一般質問が終わりました。その詳しい内容はまだつかんでいませんが、基地問題やミサイルの脅威の問題などは1名(共産党の田中議員)を除いてどなたも取り上げなかったようです。「高度警戒態勢」状況下にそのようなことでいいのか。情けない思いがします。l

そんな中、京都連絡会の皆さんが今月の現地行動に来られ、市長への申し入れもされました。「憂う会」の「陳情Ⅵ」とも重なる重要な内容が改めて取り上げられています。議会の度にこのような申し入れをされています。いつもながらありがとうございます。上げておきます。

最近の市長のこの基地問題への姿勢は「消極的」という言葉に尽きます。そんなことでは市民の安全安心は実現できません。

6/20(火)夜

Original post in Facebook