2017-07-04

文殊さん定期報告1125

★丹後にも大雨警報!
★北朝鮮、1ヶ月ぶりに一発!
★Jアラート鳴らず・・!

本日2017/7/4(火)は、米軍基地工事開始から1135日目(3年と39日)、レーダー搬入より993日目(2年と259日)、本格稼働922日目(2年と191日)でした。

今日は待ちに待ったまとまった雨となりました。台風3号と梅雨前線によるものです。丹後地域にも午後から大雨警報が出て、地域にもよりますが相当の雨が降りました。台風の経路が太平洋側へ反れたので大事は至らなかったという感じです。
竹野川も増水して水不足は解消ということになりそうです。

そんな中、北朝鮮が6/8以来のミサイル発射を行いました。9:39に発射されて40分ほど飛び、秋田県男鹿半島沖300㎞のEEZに落ちたもようとのことです。飛んでいた時間から見て相当な長距離飛行の可能とする本格的ICBM(大陸間弾道弾=アメリカの領土に届くミサイル)ではないかと大騒ぎとなっています。

今日午前中、お参りのグループがあってご案内したのですが、その時間がミサイル着水後間もない時刻でした。基地の様子に特に動きがあるようには思われませんでした。駐車場は昼前でレベル2くらい(朝よりは多くなってました)。また、例によって政府の発表に経ヶ岬や車力の情報は出てきません。

アメリカのトランプ大統領は「あの男はほかにやることがないのか」と言っておられますが、反発以外の選択肢を彼に与えてからそういうことは言ってほしい。アメリカが与えられなくても日本には与えることができると思うのですが、安倍さんは「対話の余地はない、制裁の強化を!」としか言わない、「俺に何をしろというのだ」と彼の青年の言葉が聞こえてきそうです。
「脅威はあらたな段階に入った」というのが政府の分析です。ならばまず原発を止めることです。そして独自の外交交渉をやるべきです。アメリカの太鼓持ちしかできないようでは情けない。

今回Jアラートは鳴りませんでした。わが国に向かってきていたのに何故政府が鳴らさなかったのかは分かりません。
そんな中で、明日午前中に京丹後市(京都府下全域?)でJアラート訓練が行われます。内容は地震を想定したものということです。
市議会は先の6月議会で、「北朝鮮のミサイルは国のことで市は関係ない」などと言っておられます(17/21)が、目の前の海をそのミサイルが何度も飛んでいるのにそんな悠長なことを言っていていいのか。改めて問いたい。

7/4(火)夜

Original post in Facebook