2017-07-07

文殊さん定期報告1128

★今日は七夕。
★早朝から生コン車・・?
★盧溝橋から80年!

本日2017/7/7(金)は、米軍基地工事開始から1138日目(3年と42日)、レーダー搬入より996日目(2年と262日)、本格稼働925日目(2年と194日)でした。

今日も夏らしい一日でした。明日明後日の土日には宇川にも海のお客さんが多く来られることでしょう。

朝のお参りでの様子に変わりはありません。このところ毎朝いつもの方が境内の落ち葉かきをしておられ、境内はほんとうに清潔です。ありがたいことです。

今朝は7時前から吉岡商店の生コン車が何台も基地を超えて経ヶ岬の方へ入っていきました。確認はできませんでしたが、岳山の工事がやられているのかも知れません。特に交通誘導員も出ていなかったので小学生の通学時間はどうなっていたのか気になりました。

自衛隊の工事は盛んに敷地整備をやっておられます。海側にもフェンスが作られています。

今日は7月7日で七夕の日です。夕方には大きな月が出ていましたが、夜は雲であまり星は見えませんでした。
80年前(1937年)の今夜、中国北京郊外の盧溝橋というところで、日中の軍隊の衝突事件が発生し、それがいわゆる日中戦争の勃発となりました。この戦争は全面的な日本の侵略戦争でしたが、中国民衆の頑強な抵抗にあって長期化し、展望を失った軍部は1941年に苦し紛れの太平洋戦争に打って出て、45年8月に大日本帝国は完全に敗北したというのが歴史の教えるところです。

この戦争で日本軍は1000万人の中国民衆(アジア全体で2000万人)を殺戮し、逆にアメリカ軍などによって我々日本人310万人が殺戮されました。
その両方の証拠とも言える戦死者の墓が宇川ではどこの村にもあります。文殊さんでは寺への参道の入り口の真向かいに袖志区のものが26基並んでいます。5月に桜の木が切られたと嘆いた墓地がそれです。

私たちの国は広島・長崎に象徴される「被害」の国でもありますが、それ以上にアジア各国、特に中国、朝鮮に対する「加害」の国であること(南京事件はその典型)を忘れてはなりません。
最近殊更に中国や韓国との対立を煽り、一方でアメリカへの従属を深化する動きが絶えません。歴史の事実を無視したそういう動きを嘆かわしく思います。そして、ここ文殊さんの日米の軍事基地がその最前線になっていることを悲しく思います。

7/7(金)夜

Original post in Facebook