2017-07-19

文殊さん定期報告1140

★アンテナ1、円形状態に!
★稲田防相、隠蔽共犯・・! 
★政府は何を隠す・・?

本日2017/7/19(水)は、米軍基地工事開始から1150日目(3年と54日)、レーダー搬入より1008日目(2年と274日)、本格稼働937日目(2年と206日)でした。

今日も30度を越える暑さでした。梅雨明け宣言が出そうで出ません。

自衛隊工事、アンテナ1は今日一日で半円から円形になりました。クレーンを使っての昼間の工事を見られないのが残念です。

米軍の方は朝からレベル2くらいでした。こちらも昼間の様子がよく分かりませんが、多いような気がします。外で何か動きがあったのか、最近のレーダーの調整と関わりのあることなのか、いつもそんなものなのか、よく分かりません。

今日の新聞には、稲田防相が南スーダン派遣隊の日報隠蔽事件について悪意であった(知っていた)と大きく報道されています。国会での答弁は虚偽(ウソ)であったとのことです。ご本人は未だにそれを否定されているようですが、この期に及んでという見苦しさです。

この件で思うことが2つ。
一つ目、日報の隠蔽は大臣も含めて防衛省・自衛隊のトップの総意(少なくとも協議の上で)決められたということ。国防に関わる最重要事項、それも憲法に抵触するような事実が、そのトップ達によって握り潰されたということ。
これは帝国憲法下の大本営発表と何も変わりがない。であるのに誰一人責任も負わず、処分もされない。そういう人達が進める、日米の軍事強化と憲法改正、この国を潰そうとしているとしか思えない。

二つ目、稲田氏の致命傷となる情報が彼女の足元から出ている、出されているという事。彼女のスキャンダルを煙幕にして隠さねばならないもっと大きな都合の悪いこと(知られては困ること)があるのだろうということ。支持率の落ちてきている安倍首相の露出を減らそうというような単純なことではないと思われます。

着々と進む経ヶ岬の自衛隊新基地工事と米軍基地を見るにつけ、そのトップの腐敗と危ない政策を憂えずにはおられません。

7/19(木)夜

Original post in Facebook