2017-08-02

文殊さん定期報告1154

★アンテナ2の組み立ても開始!
★新防衛大臣、あの小野寺氏が復活!
★トランプ大統領、「戦争」の被害者はアメリカ国民ではない!

本日2017/8/2(水)は、米軍基地工事開始から1164日目(3年と68日)、レーダー搬入より1022日目(2年と288日)、本格稼働951日目(2年と220日)でした。

田んぼの色が日に日に黄色みを帯びてきました。今年のできはどうなのか、今のとこ順調という感じがしています。

今朝は、米軍基地がレベル2でした。久し振りに朝からレーダー関係の車がたくさんということです。何かあったのか、昨日資材が入ったのでその関係もあるのか。例によってよく分かりません。

自衛隊工事の方は、残っていたアンテナ2の組み立ても始まりました。夕方には骨組みが1/3くらいになっていました。アンテナ1より低い位置になり、参道から見るとすぐそこという感じがします。大きなものであることが実感できます。

明日発足という安倍改造内閣ですが、昔の名前が帰ってくるようです。話題の稲田さんに代わって新防衛大臣は小野寺五典氏が返り咲きということのようです。
小野寺さんと言えば忘れもしない2013年11月9日にヘリで文殊さんにやって来て送れていた土地交渉を督促した人物。文殊さん前に集まった私たちを無視し、市庁舎からは逃げるように去って行った人物。
なぜ彼のところに回ってきたのか今の自民党の力学はよく分かりませんが、稲田さんの火消しという役割が一番大きいのでしょう。この緊迫した情勢の中で何を言い出すのか、注目です。

一方太平洋の向こうからは物騒な話が聞こえてきています。トランプ米大統領が、北朝鮮との「戦争」に言及し、「被害者は数千人、それはアメリカ国民ではない」と述べたとか。事が起きれば、一番の被害は(北朝鮮の人々を除けば)韓国、2番目が日本、アメリカには直接の被害はないだろうと何度も書いてきました(アメリカは遠く、日本は近い)が、そのことをトランプ氏本人が明言したということです。

被害者には当然私たち日本に住む人間が想定されているのです。日本政府はこのことをどう認識しているのか。こんなあからさまなことを言われても黙って、唯々諾々とアメリカの下僕を務め忠誠をつくすのか。とんでもない事と言わねばなりません。

まずは、安倍晋三さんと小野寺五典さんの器量が問われています。

8/2(水)夜

Original post in Facebook