2017-09-05

文殊さん定期報告1186

★8月のリーチは総数で2万回以上!
★事故は6月末から4件! 
★スイスが「対話」に乗り出す・・!

本日2017/9/5(火)は、米軍基地工事開始から1198日目(3年と102日)、レーダー搬入より1056日目(2年と321日)、本格稼働985日目(2年と253日)でした。

気温はそんなに上がらないものの、午後にはぬるい風が吹き始め、夕方には雨という天気でした。あちこちで稲刈りが進んで刈田の面積が一気に増えてきました。

朝のお参りに大きな変化はありません。芳名帳のお名前は地元よりもそうでないところの方の方が多いように思います。
8月のこの報告のリーチ数を振り返ってみたら、29回の報告全て500を越えていました。1000を越えたのは1回だけですが、通算すると2万回を優に越えています。時に長いものもあるのですが、その際のリーチ数はどちらかというと多目です。多くの方に目を通していただいてありがたく思います。

自衛隊の工事はアンテナのケーブル接続が終わったようですが、あの大きな足場をすぐ壊すのかと思ったらまだ何かあるか、お椀の下の部分は全部残されたままです。旧施設の建物の多く(6棟か7棟)を解体するということでその準備が進んでいるようですが、現在の基地の方は見えないのでよく分かりません。作業員の人数は目に見えて増えています。

米軍基地は変わらない状況です。

8/29(火)に「安安連」の13回目があったと報告していますが、その資料が京丹後市のHPに公開されています。それを見ると、

米軍二期工事は今年9月末までに業者を決定、事後着工。安全対策について調整中とのことです。三角地も含めた鮮やかな予定地図も出されています。安全対策については文書による正式な安全協定を市との間で結ぶよう再三求めてきましたが、どうされるのか。口約束だけでは絶対にダメです。

商業電力の導入については、現在アメリカで受電機器の製作・最終調整平成30年7月頃に導入予定とのこと。また、文殊さんの境内を取り巻くあのうっとうしいシートは予想通り基地の機密保持ではなく、「追加騒音対策」ということです。

基地関係者の交通事故は前回「安安連」以後4件。いずれも7月中として報告されています。全て軽微な物損事故ということですが、米側が被害者のものがそのうち1件。気になるのは、米側が駐車場から道路に出る際に直進する車に接触したというものです。いわゆる単純な前方不注意ですが、宇川で起きた1件目の人身事故は同じような状況で起きています。初歩的なことが徹底されているのかという疑問を持ちます。
安全講習はこの冬に2回計画するとのこと。道路の危険箇所などをDVDを作成して関係車に見せているという事も報告されていますが、そのDVDを見た人に聞くと、極めて安直で分かりにくいものだとのことです。実効性のあるものなのか気になります。

集団通勤については、ワンボックスカーや相乗りによる集団通勤を継続して実施とされています。日々目にする限りでは、レイセオン関係の人達はほとんどが1人1台でやってきます。たまに2人乗っているものがある程度です。「集団通勤」と言えるようなものではありません。

北朝鮮情勢ですが、9/9(土)の建国記念日にまた撃ちそうという事が言われています。方向によりますが、西日本で「Jアラート」が鳴ったら、1分が勝負です。その場に伏せるくらいしかできません。
そんな中、あのスイスの大統領が「対話」の仲介をすると発表しました。立派なものだと思います。

9/5(火)夜

Original post in Facebook