2017-09-07

文殊さん定期報告1188

★今日も一日雨。
★自衛隊体育館、全体にシート!
★市議会、一般質問基地関連は1件・・!

本日2017/9/7(木)は、米軍基地工事開始から1200日目(3年と104日)、レーダー搬入より1058日目(2年と323日)、本格稼働987日目(2年と255日)でした。

今日は一日中秋雨が続きました。ちょうど今高校の文化祭・体育祭の時期で、特に体育祭とこういう日がぶつかるといろいろと大変だろうと思われます。

今朝は、傘を差し長靴を履いてのお参りとなりました。風があまりなくてラッキーでした。

昨日、自衛隊の体育館の回りに足場が組まれ始めたと報告しました。今朝は、その足場が体育館全体をぐるっと覆って、シートもかけられ大きな体育館全体が見えなくなっていました。どんな工事をされるのか? 予定表にはいくつもの建物を取り壊すと書かれていますが、その中に体育館も入ってるのか、よく分かりません。
地下の指令所は、新しくできた通信局舎(例の方墳)に移されるのでしょうが、体育館は必要なのではと思ったりします。今回の工事に絡めて大改修をされるのかもしれません。

それと二つのアンテナ塔から局舎にかけてハンモックのような網が掛けられているのも確認しました。アンテナ工事はまだいろいろあるようです。

米軍の方はいつもと同じ様子です。それにしてもこの米軍基地、立入禁止の「WARNING」はあちこちにありますが、基地そのものの表札は外から見えるようなものはありません。また、星条旗もどこにも立てられていません。このことは何度も指摘してきましたが、やはり異常です。

来週月曜(9/11)からの、京丹後市議会9月議会一般質問ですが、発言通告が公開されています。それによると、発言者は17名(21名中)。
基地問題では2日目2人目の共産党の田中議員1名だけが質問項目に上げておられます。「米軍基地の不安解消を」という項目で、①基地の不安は解消されたのか、②不安を解消する仕組みと内容は、③全市民にアンケートをという内容です。
また、3日目2人目の行待議員が、「北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に市は何を思う」という項目を挙げておられます。
この2件以外にはこの分野への質問はありません。

日本という国全体の危機と言われ、その危機に強く関係する米軍基地を抱える自治体である京丹後市ですが、議員さん方の意識はとても低いと言わざるを得ません。
市民・住民の生活と安全が大きな脅威に晒されているというのに、何の役にも立たない「Jアラート」で十分だとでも思っておられるのか。国防は国の専権事項で地方自治体が扱うべきではないという都合のよい理屈で、自治体の果たすべき最大の役割を考えようとしない議員さん方の圧倒的な多さに、こちら側の「脅威」も危機的です。

9/7(木)夜

Original post in Facebook