2017-09-24

文殊さん定期報告1206

★自衛隊西側工事フェンス完全撤去!
★3万3000V電線は太鼓山からも!
★9/27に基地対策特別委員会!

本日2017/9/24(日)は、米軍基地工事開始から1217日目。(3年と121日)、レーダー搬入より1075日目(2年と340日)、本格稼働1004日目(2年と272日)でした。

今日は素晴らしい秋晴れの一日でした。
早朝から用事があってお参りは昼過ぎになりました。いつもの写真より明るい画が多いと思います。

日曜日ということで例によって米軍基地は最少人数レベル1未満。自衛隊工事はお休み。
相変わらず基地のゲートは閉まったまま、発電機とても元気。
自衛隊側は、西側工事フェンスが全部なくなり、芝生の面積が増え、正規のゲートが完成して工事ゲートは開放されたままという状況でした。
自衛隊新基地そばの稲木のところで最後の脱穀をしておられました。秋の収穫もようやく終了ということです。田んぼに巻かれた稲わらを燃やす光景も見られました。

3万3000ボルトの電線が碇高原方面からも下りてきているという報告をかつて書いたことがありますが、この33K電線は太鼓山の風力発電所からのものでした。太鼓山には6基の風車が回っていた(発電能力は約3000㎾)のですが、落雷などによってほとんどうまく行かず閉鎖状態だと聞いています。実際に入り口ゲートは閉鎖のままでした。しかし、ゲーとそばの変電所はけっこうな音を出して動いているようでした。現状がどうなのか少し調べておかねばと思っています。

市議会の米軍基地対策特別委員会が9/27(水)にあります。8月末の「安安連」の報告と「憂う会」の「陳情Ⅶ」の扱いがその内容とのこと、注視です。

今日もボランティアの方がたくさん久僧へ来ていただいていました。ありがとうございます。

9/24(日)夜

Original post in Facebook