2017-10-03

文殊さん定期報告1215

★自衛隊、芝生工事終盤へ。
★参道入り口に選挙の掲示板! 
★「陳情Ⅶ」は特別委員会で否決! 

本日2017/10/3(火)は、米軍基地工事開始から1226日目。(3年と130日)、レーダー搬入より1084日目(2年と349日)、本格稼働1013日目(2年と281日)でした。

今朝も雨の中のお参りとなりました。目立った黄葉はまだですが、秋が深まって来たなぁと感じます。夕方には月が出ていました。

米軍基地の様子は変化なしですが今日は朝からレベル2近くでした。風向きの関係か発電気の音がいつもにましてうるさく聞こえました。
自衛隊の工事は、敷地の芝生張りが最終段階に入ってきて土の面があと少しという状況になってきました。新隊舎では夜になっても車が駐まり部屋の電気が点いて本格稼働しているようです。一方で旧隊舎の方は内部の取り壊しが進んでいます。

参道入り口のNTTのアンテナ前にいつものように選挙の掲示板が設置されました。言わずと知れた10/22の衆議院総選挙のものです。No7までポスターの区画があります。今のところこのほとんどが埋まりそうな京都5区です。

全体の状況も、地方地方の状況も様々な動きが入り乱れてそれぞれ混沌としています。
忘れてはならないのは、この衆議院選挙は安倍晋三という総理大臣が自分自身の一大スキャンダルを隠し、もみ消そうとして国会を潰したというところから起こったということです。「国難突破」とか「責任ある政治」とか「政策で勝負」とか安倍さんや山口さんが言っていることは、全て後付けのマヤカシに過ぎないということです。
私たち有権者が、とにかく舐められ蔑まれ馬鹿にされた結果の選挙ということです。

とにかく、まずは安倍さんの退陣、そのために自公を減らす。そのための戦略に智恵とエネルギーを使わねばなりません。

「憂う会」の「陳情Ⅶ」ですが、9/27の特別委員会で参考人招致云々どころか、ほとんど議論もなく即否決(賛成は共産党の2名のみ)ということだったそうです。反対討論は、この陳情は当初のものから変化して「政治的なもの」になってきている(だから反対)という行待議員の発言くらいであったと聞きました。
陳情は市の「政治」に対して出すものだから「政治的である」ことは当然です。政府の政策が地域に脅威をもたらしているという事実を指摘し、市議会に改善の努力を要望することがどうして議会の議論に馴染まないのか、わけが分かりません。
明日の本会議でも同じ結果となることでしょうが、あまりにも議論が貧困で無責任です。

10/3(火)夜

Original post in Facebook