2017-10-07

文殊さん定期報告1219

★昨夜の風でシート捲れ数カ所! 
★某全国紙の取材を受ける!
★ここは安倍政権の軍国最前線!!

本日2017/10/7(土)は、米軍基地工事開始から1230日目。(3年と133日)、レーダー搬入より1088日目(2年と353日)、本格稼働1017日目(2年と285日)でした。

今朝のお参りは雨もなくよい天気となりました。昨日予想したように、昨夜の風で米軍の防音シートが何カ所も捲れていました。本堂裏でも坂道側が2箇所口を開いてレーダーサイトや警備ボックスを直接見ることができました(トイレ基壇の方は変化なし)。
このシートの作業は地元の業者がやっておられたので、修復には時間がかかるかも知れません。
朝の基地のレベルは1未満、やはり入り口ゲートは閉じられています。

自衛隊の方も風の影響で定植したばかりの植木が軒並み倒されていました。連休中も工事のお休みは例によって明日の日曜だけです。

各地区で秋祭りの準備が行われています。神社の前には大きな幟が立てられ区民館などで太鼓台の組み立てが行われています。先日の台風の被害を地域全体で乗り越えていきたいものです。

今日は某全国紙の取材を受けました。総選挙の迫る中で、米軍基地現地の皆さんはどのような感じですか? というのが取材の趣旨でした。

安倍政権の5年が問われる総選挙ということだが、その5年間にここでは普通の農地と森がこういう不気味なものに変えられた。米軍基地建設と自衛隊基地拡大ともに安倍さんの進める戦争をする国への最前線です。北朝鮮のミサイル問題も安倍さんの政策が持ち込んできたようなもので、地域の者は大きな声では言わないが皆ピリピリしています。

京都5区は報じられているように4つ巴の様相を呈しどういう結果もありという状況です。ここの米軍基地問題への政策は各候補はっきりしている(反対は山内さんだけ)ので、丹後で安倍政権の5年間を問うならこの点はとても重要だが、保守系の各候補は恐らく触れないでしょう。だからこそそこのところをしっかり書いて欲しいというようなことを一緒にお参りをしながら伝えました。

総選挙まであとわずかです。

10/7(土)夜

Original post in Facebook