2017-10-18

文殊さん定期報告1230

★今朝はレベル2!
★日米ともに見慣れない車あり・・!
★沖縄では落ちたヘリが飛行再開!!

本日2017/10/18(水)は、米軍基地工事開始から1241日目。(3年と144日)、レーダー搬入より1099日目(2年と364日)、本格稼働1028日目(2年と296日)でした。

今朝は東の空が明るいお参りでしたが、基本的に曇り空の寒い1日でした。

米軍基地、朝7時でレベル2。日中はもっと多かったと思われます。昨日も今日も見慣れないYナンバーを見かけました。4桁の相模ナンバーのワゴンとか、3桁の京都330とか、米軍関係者もいろいろと来ておられるようです。

昨日の風で捲れたシートの間から、撤去されたコンテナトイレの基壇を見ることができました。どうやら、便槽なども取り除かれている感じがします。それなりのことはやっておられるのか・・。基壇そのものも早急に撤去していただきたい。

一方自衛隊の方では、体育館の屋根のリニューアル工事が大いに進み、新隊舎の前には「桂基」などという軍用車が駐まっていました。

今日本海でやられている大規模な米韓合同軍事演習や、どこでやられているか分からない日米合同軍事訓練と関連のある動きではないかと思われます。

沖縄では先日高江で「墜落炎上」し、「当分飛行停止」と言っていたヘリがもう飛行再開とのことです。事故の原因も明らかにされず、再発防止策も何もない中で、当然日本側の調査も拒否したまま、日本政府への事前連絡もなくの飛行再開です。
日本政府の要望も、地域住民の抗議、要求も全く無視されて、小野寺防衛大臣の顔は丸つぶれです。
「さすがに日曜日の総選挙までは飛ばさないだろう」などと事故の時に書きましたが、米軍はそんなことは全く考えていなかったようです。これが日米地位協定。

アメリカ軍はとにかく好きなようにできる。日本は聞いてももらえないお願いしかできない。無視されても政府はそれ以上何も言わない、言えない。それでも「日米同盟の強化、深化」という政策を誇らしげに恥ずかしげもなく掲げて平然としている。
どれだけ辱めを受けても相手に媚び諂う。
彼らの好きな「日本民族の誇り」はどこへ行ったのか。

こんな人達に日本を守れるわけがない。
こういう人達に大切な一票を入れてはいけない。

10/18(水)夜

Original post in Facebook