2017-11-11

文殊さん定期報告1254

★ウラニシの1日でした。
★日本海で大規模な日米韓の共同軍事演習開始!
★国家の危機にマスコミは何をしている!?

本日2017/11/11(土)は、米軍基地工事開始から1265日目(3年と169日)、レーダー搬入より1119日目(3年と22日)、本格稼働1052日目(2年と321日)でした。

今日は未明に雨が降り、風と小雨の不安定な天気が1日続くウラニシ気候の1日でした。

文殊さんは風強く、防音シートが激しく風にはためいていました。その隙間から例のトイレの跡がそのままなのも確認されました。緑のレーダーサイト東側の舗装工事がどうなっているのかは気になるところですが分かりません。
風のキツさに負けて、国道ゲートは開放されていました。世界最強の米軍さんも、文殊さんの風にはいつも一方的にやられっぱなしということです。
東側の空き地は新しい砂利が敷き直されたようです。

土曜日ということか朝の基地はレベル1、国道側の車も数台ということでした。
自衛隊サイドは解体工事に専念ということです。

一方で今日本海は大変なことになっています。もう何度も何度もやられているので大きな話題にはならない状況ですが、日米韓の大規模な共同軍事演習が今日から始まりました。一応11/14までということです。
今回は米海軍の3隻の原子力空母、ロナルド・レーガン、セオドア・ローズベルト、ニミッツとその付属艦船数十隻が集結するという「朝鮮戦争」(1950~53)以来の強大なものであり、そこに韓国国防軍と日本の自衛隊が参加するという異常なまでの軍事行動となっています。
アメリカの北朝鮮に対する「圧力」という名の「軍事的恫喝」以外の何物でもなく、現在東アジアをうろついているトランプ米大統領が北朝鮮だけでなく東アジア全体へその存在感を見せつけているということです。

米韓はどうなのか詳しくは知りませんが、日米のこのような形での軍事演習は何度も書いてきましたが憲法9条が明文で禁止する「武力による威嚇」であることは明らかです。やってはいけないことを安倍政権は連日ように繰り返しています。

安倍・トランプのどうでもいい一挙手一頭足を湯水のように報道するマスコミが、こういう国家の根本に関わる危険なことを国民に知らそうとしない。どんなことがやられているのかさえ、政府に追求しようとしない。とんでもない事が起きています。

11/11(土)夜

Original post in Facebook