2017-11-21

文殊さん定期報告1264

★サイトの工事終了!
★基地、出入り多し!
★翁長知事、米軍に厳重抗議!!

本日2017/11/21(火)は、米軍基地工事開始から1275日目(3年と179日)、レーダー搬入より1127日目(3年と32日)、本格稼働1062日目(2年と331日)でした。

今日、朝は曇り空その後晴れて午後には青空となりました。気温はずっと10度以下です。

米軍基地は緑のサイトの工事が終わったようで、サイトの外に出されていた機器が内側に戻されてシャッターがまた閉められていました。そのシャッターから西側へしっかりとコンクリート舗装ができています。前夜の強風でシートが破れそのあたりがよく見えました。トイレ跡は変化なしです。
基地への出入りは多いようです。夕方暗くなっても20台近い車が残り、人の動く様子が見てとれました(周辺を散策する人も)。

自衛隊工事は続いています。旧ゲートのそばのかつての警衛棟も解体寸前という感じです。

昨日、変電所に大きなコイルが来ていると報告しましたが、今日はそのコイルのケーブル工事がやられたようで、関電関係の作業トラックが荷台にコイルを積んだままそこに駐められていました。このケーブルは33Kではないかと思われる太さです。どこに張っておられるのかは分かりません。

沖縄の事故ですが、今日の赤旗一面トップに翁長知事が米軍責任者へ抗議する姿が大きく報道されています。沖縄では米軍関係者の交通事故による死傷者数は1990年から昨年までの26年間に4106人、そのうち死者が82人ということ。その加害者はほとんどまともに処罰されていないというのが実態です。これが日米地位協定というものです。
この事故や県の対応を、全国紙がまともに取り上げません。なんということか、
3日連続の赤旗一面の記事を上げておきます。

11/21(火)夜

Original post in Facebook