2017-11-28

文殊さん定期報告1270

★今朝は朝焼け! 基地はいつもの通り!
★舞鶴にも米軍施設! 
★宇川バイパス、工事開始!

本日2017/11/28(火)は、米軍基地工事開始から1282日目(3年と186日)、レーダー搬入より1134日目(3年と39日)、本格稼働1069日目(2年と338日)でした。

今朝の気温は6度(少し内陸は3度)、放射冷却で冷え込みました。雲なくきれいな朝焼けが見られました。明日もこんなのが続いて明後日からまた荒れそうとのことです。

お参りの様子ですが、日米ともに通常の感じです。米軍の発電機の音は相変わらずですが、二期工事の具体的動きはまだないようです。

最近入った情報では、舞鶴市で11/29に米軍関係者の乗る軽自動車の自動車税を軽減する特例の条例が提出されるとのことです。因みに原付500円、二輪1000円、4輪3000円と格安ですが、要するに日米地位協定の米軍特権の一つである免税措置の実施ということです。おそらく国からの指導に基づくものでしょう。京丹後市には当然ありますし、経ヶ岬の軍属の住む与謝野町にもあります。

舞鶴に米軍のミサイル関係施設があるとは聞いていましたが、そこに勤務する軍人か軍属のためのものであることは確実です。舞鶴に海自の大きな基地があるのはよく知られた事ですが、米軍がどのように関わっているのかはよく分かっていませんし、その専用施設は謎に包まれていますが、こういうところからその存在が証明されます。

一方、行政はこういう条例は作りますが、その前提となる彼ら軍人軍属の居住の実態を明らかにしません。その情報をつかんでいるかどうかも怪しいのが実態です。住民の安全・安心はそれでは保障できません。

経ヶ岬、福知山、舞鶴、基地は増殖しています。

米軍基地関係の資金援助を受けた宇川バイパスの工事が始まりました。当該地区である上野区にまずは作業用道路を作るということです。12月中旬よりここから土砂の運び出しが始まり、物騒になっていきます。少し早く始まった道の駅前のバイパス工事も進んでいます。危なくて落ち着かない日々が延々と続いていきます。

11/28(火)夜

Original post in Facebook