2017-11-29

文殊さん定期報告1271

★北朝鮮、75日ぶりの一発!
★アメリカのどこでも直接狙える?! 
★基地に変化なし!

本日2017/11/29(水)は、米軍基地工事開始から1283日目(3年と187日)、レーダー搬入より1135日目(3年と40日)、本格稼働1070日目(2年と339日)でした。

今朝は予報と違って小雨、気温は14度と高めで温い感じがしました。昨日と打って変わって暗い中での朝のお参りとなりました。

北朝鮮が久しぶり(?、75日ぶりとか)にミサイルを撃ちました。3:18と未明の時間の発射で、地上約4500㎞というとんでもない高さまで飛んで、青森沖のEEZ(250㎞沖合)に4:11に落ちたとのことです。
その高さと飛行時間(54分)から、アメリカやヨーロッパを直接狙えるミサイルであると大騒ぎになっています。発射時刻は、アメリカの午後を狙ってということで抜群の効果を示しているようです。

「断固として容認できない」と安倍さんのいつものコメントが報道されています。マスコミは「75日ぶりの新たな挑発」という論調です。
日本海で米韓日の大規模な軍事演習を行って「圧力強化」という「挑発」をした結果がこれだということです。
どちらもいいかげんにしておかないと更なる「圧力強化」や「挑発」の内容が先制攻撃しかなくなってしまいます。
何度も書きますが、そうなったら被害はアメリカではなく日本と韓国が被ることになります。何とかの一つ覚えでなく、少しはいろいろと考えたらどうかと思います。

こういう情勢の中で、そのミサイルを追いかけていた今朝の米軍基地にいつもと違う変化はありませんでした。時間が少しズレますがレベルは1.5の通常レベルでした。
アメリカの軍事衛星の情報は安倍さんに伝えられているよう(官邸に二泊)ですが、今回もXバンドレーダーの情報は米側から日本へ出されている様子はないようです。

現在「憂う会」が議会へ提出している「陳情Ⅷ」には、「国へ圧力以外の事を考えさせよ」、「経ヶ岬のレーダー情報はどうなっているのか?」というような項目を上げていますが、議会ではどんな議論と判断がなされるのか注目です。

11/29(水)夜

Original post in Facebook