2017-12-01

文殊さん定期報告1272

★今日から師走。 
★終日ウラニシ! 
★丹後町、少子高齢化が進む!

本日2017/12/1(金)は、米軍基地工事開始から1285日目(3年と189日)、レーダー搬入より1137日目(3年と42日)、本格稼働1072日目(2年と341日)でした。

12月に入りました。何だかんだあった2017年もあと一月です。

今朝のお参りは虹を見たり雨にあったり。今日一日寒い中のウラニシでした。

朝、関東からの車は今日も駐まっておられましたが、全体にはレベル1くらい。
8時過ぎに二人のご婦人(日本の)が雨の中傘を差して基地へ入って行かれました。何か慰問(?)のようなことなのかなと思ったりしました。

同じ8時過ぎに自衛隊の方では音楽とともに日の丸が掲げられました。毎日の行事なのでしょうが、この時間のお参りはまずないので珍しい体験でした。昨日の朝は何か勇ましい歌も流されていました。

報告者は11/30の夜に、丹後町の区長連絡協議会が主催する「地域づくり」の講演会に参加しました。この分野に詳しい岡山県のNPOの方の話を聞かせていただきましたが、その冒頭に丹後町の現状分析というのがありました。前々からそうであろうと思っていた状況を専門家の分析で知ることができその厳しさを改めて認識しました。

1995年に7607人だった人口が、2015年には5316人へ。高齢化率はその間に25.7%から40.6%へ増え、年少人口は17.3%から10.3%へ減った。
現状が続くと、20年後の2035年には人口が3029人、高齢化率は51%、年少人口は6.1%となる、ということです。
これは丹後町全体の数字ということで、宇川地域だけ(現在約1400人)を調べればおそらくこの傾向は更に強いということは明白です。一言でいうと強烈な人口減少と少子高齢化が進んでいるということです。

基地問題を批判することは大切ですが、この現実にどう向かって行くのか腹を据えて考えて行かねばなりません。講師の方が最後に述べられた、「先進事例に学ぶことより、まず地元の人の正直で真剣な声を集めることがスタートですよ」という言葉には強い説得力がありました。

12/1(金)夜

Original post in Facebook