2017-12-06

文殊さん定期報告1277

★今朝は雪!
★韓国から米軍家族撤退?! 
★山田知事、引退!

本日2017/12/6(水)は、米軍基地工事開始から1290日目(3年と194日)、レーダー搬入より1142日目(3年と47日)、本格稼働1077日目(2年と346日)でした。

今朝は気温1度。ベタ雪の中、長靴を履いてのお参りとなりました。雪は午前中だけであとは冷たい雨となりましたが一日荒れた天気でした。
こんな雪でも道に積もっての初日は交通事故が多発するのですが、やはり何件も起きたようです。四駆であれ二駆であれ、雪道はまずその感覚に慣れるまで慎重な運転が(特にブレーキを踏まずアクセルで処理する感覚)必要です。

今朝も自衛隊の軍用車は駐まったままでした(夕方にはいなかったようですが・・)。
基地は、日米ともに大きな変化はないようですが、何やら慌ただしい感じがします。

今、米韓の空軍合同軍事訓練が空前の規模(230機が参加とか)やられています。目的は定期訓練に名を借りた北朝鮮への威嚇、脅迫です。一触即発の状況と言うべき状況が意図的に作り出されています。これを全面的に支持するという日本政府の態度に戦慄を覚えます。

かつて吉田茂が日本国憲法制定の際の帝国議会の議論で「(9条は)自衛戦争も否定するのか?」と聞かれて、「当然だ。あまたの戦争が自衛の名のもとにやられてきたではないか。」と答弁しています。「満蒙の危機」で始まった満州侵略、「暴支膺懲」から始まった日中戦争、いずれも「自衛」が口実です。今また日本政府が同じ愚を繰り返そうとしています。安倍さんは先制攻撃用の長距離ミサイルまで「自衛」と言い出しています。とんでもない話です。

在韓米軍の家族が戦争に備えて本国へ引き上げる動きが出ているそうです。丹後でもその動きがあるのか? という質問が寄せられています。詳しいことは分かりませんが、今のとこそういう話は聞いていません。
そもそも経ヶ岬の米軍関係者に家族連れが何人いるのか、全く明らかにされていません(何人かおられるのは確実ですが)、市や防衛がその手の情報をどれだけ掴んでいるのかも不明です。聞いてもいつものようにまともな答えは返ってこないでしょう。
これもまた地位協定の向こうの米軍の実態です。

京都府の山田知事が今期で引退とのこと、長いことやられて多選批判も多く自民党が推せないということらしいです(知事選は来春)。丹後の米軍基地を作った当事者がどんどんいなくなっていきます。最初からの当事者で残るのは安倍さんと我々住民だけとなっていきそうです。

12/6(水)夜

Original post in Facebook