2017-12-07

文殊さん定期報告1278

★今日は谷間の晴天!
★丹後の空に爆音しきり! 
★基地は不気味な静かさ!

本日2017/12/7(木)は、米軍基地工事開始から1291日目(3年と195日)、レーダー搬入より1143日目(3年と48日)、本格稼働1078日目(2年と347日)でした。

今日は快晴とまではいきませんが、青空も見える割と穏やかな一日でした。

そんな丹後の空に朝からヘリコプターや航空機などの爆音が何度も聞かれました。音だけでその機影をほとんど見つけられませんでしたが、午前も午後も聞こえていました。おそらく韓国での米韓の動きとかかわる空自の訓練が行われているのでしょう。ひょっとしたら米軍のものかも知れません。

そんな中、文殊さんの米軍基地も自衛隊基地も外から見る分には人影の少ない静かな感じです。例の自衛隊の軍用車もいなくなりました。ただ米軍の発電機の音はこれまでにも増して大きく感じます。
12/2に福知山であった毎年恒例の市内自衛隊パレードには、昨年参加していた経ケ岬の米軍も空自もその姿がなかったと聞いています。
両者とも朝鮮半島の緊張の最前線に立つ中で「それどころではない」ということのように思われます。
その基地の静けさを補てんするように警察の巡回がやたらと多くなっています。
各当局は、目立たないようにピリピリしておられるようです。

12/7(木)夜

Original post in Facebook