2017-12-18

文殊さん定期報告1289

★また雪。
★ダンプの運転に苦情!
★レーダーはミサイルを追尾できているのか?!

本日2017/12/18(月)は、米軍基地工事開始から1302日目(3年と206日)、レーダー搬入より1154日目(3年と60日)、本格稼働1089日目(2年と358日)でした。

今朝起きるとまた雪が5㎝ほど。何やら静かな夜だったので積もるのかなと思っていましたが、それほどでもなくてホッとしました。新雪の絶景を見ながらのお参りとなりました。

週初めの朝で基地の様子はいつもと変わらず。米軍はレベル1強。自衛隊は通勤の車が列をなすという感じでした。
米軍は最近70番台後半のYナンバーがよく出入りし、わナンバーのレンタカーも何台も来ています。

土曜日に自衛隊の土山を大型ダンプで搬出しているという報告をしましたが、そのダンプではないかと思われる車(紫色やウグイス色と聞きます)の運転マナーがきわめて悪い(信号無視とか)という苦情が出ています。
当局へ確認し、申し入れをしなければと思っていますが、このところの宇川はあちこちで土木工事の花盛り、いろんな業者が出入りしてどさくさ紛れでよく分からない状況です。雪も降る中、事故が起きないようにとにかく最新の注意が必要です。

ここの基地のXバンドレーダーは1000㎞先のものを野球ボール大の精度で探知すると言われるものですが、最近北朝鮮が撃つICBMは地上3000㎞とか5000㎞とかの高さまで打ち上げられています。経ヶ岬沖はおそらくその一番高いあたりではないかと思うのですが、そんな高い角度で遠距離かつとんでもない速さのものまで追尾できているのだろうかということを思ったりします。米側は情報を出さないだけでなく、出せないのではないかということも感じます。

12/18(月)夜

Original post in Facebook