2017-12-30

文殊さん定期報告1299

★今日は日差しあり!
★基地は最少人数か・・。
★いろいろあったこの一年、後半!

本日2017/12/30(土)は、米軍基地工事開始から1314日目(3年と218日)、レーダー搬入より1166日目(3年と72日)、本格稼働1101日目(3年と5日)でした。

ついに今年も後一日。どうなるやらと思った一年が、やっぱり良くない方にばかり動いた年だったように思われます。
今日は寒波の中休みということで、昼前から日も出て明るく温かい時間も結構ありました。どこの家でも正月準備に勤しんでおられ、ありがたい天気でした。

文殊さんも地面が乾き、明るい中でのお参りをできました。発電機の音は相変わらずやかましいままです。
基地はレベル1未満。お正月休みということなのでしょう、人の姿は疎らでした。
自衛隊はけっこう車が駐まっていましたが、なんとなく年の瀬を感じさせる空気でした。
その自衛隊ゲート向かいの墓地(歴代の九品寺住職のもの)周辺にフェンスの支柱らしきものが何本も立てられていました。何のためのものかは不明です。

昨日に続いての今年1年の後半は以下です。

2017年 7~12月
・7/4(火) △北朝鮮、ICBMを発射。各国の対応は足並みが揃わず。
・7/7(金) ★国連で122カ国によって核兵器禁止条約が採択。アメリカ、日本はこれを無視。
・7/28(金) ★稲田防相、日報隠蔽の共犯問題などで辞任。
・8/3(木) △諸々の腐敗事件で支持率が激減する中、第3次安倍改造内閣発足。防衛大臣はあの小野寺さんが復活。
・8/10(木) △北朝鮮、島根、広島、岡山を越えてグアムへ向けてミサイル4発を撃つと予告。国連制裁決議への答えということらしい。
・8/11(金) △日本政府、PAC3を島根、広島、愛媛、高知に配置。実際には水鉄砲に等しくほとんど効果なし。
・8/14(月) △アメリカのトランプ大統領は「何かあれば北朝鮮を攻撃する」と威嚇。金正恩は「正義のためにアメリカを滅ぼす」と対抗。一方でアメリカでは、国務長官と国防長官が「外交的対話が必要」と表明。我が国の安倍総理はトランプに追随して対話を拒否。韓国、中国、ロシア、EUが「対話」を呼びかける中、日本だけが言わない。
・8/20(日) △米韓共同軍事演習開始。
・8/24(木) △穴文殊祭り、連合区長、副市長、司令官などが挨拶。日米の協力がうまく行っていると玉虫色の話ばかり。「文殊さんは日米の基地の中庭になった」とは田中連合区長の言葉。
・8/29(火) △北朝鮮、早朝にミサイルを1発発射、北海道を通過して太平洋に着弾。Jアラート、長野・新潟・群馬・茨城以北の12道県で発動。混乱様々。
・9/3(日) △北朝鮮、6回目の核実験。160キロトン規模で広島の8倍以上。
・9/7(木) ★文殊さん洞窟上トイレを米軍が撤去。使用停止から半年かかった。日本の主権の及ばない場所を我々の声が動かした。
・9/8(金) △京丹後市教委 Jアラートによる児童生徒への待機措置などを指示。
・9/12(火) △国連安保理、北朝鮮への追加制裁(石油の輸出制限など)を全会一致で可決。北朝鮮は「自衛権への干渉だ」と強く反発。
・9/15(金) △朝、北朝鮮がまた北海道越のミサイルを撃つ。「Jアラート」発動後4分で北海道上空(800㎞)を通過。役に立たないことを改めて証明。米韓は、これに対して共同軍事演習を実施。韓国星州では強行搬入されたサードミサイル6基がスタンバイの状態となった。
・9/26(火)~9/28(木) △米軍3日連続で射撃訓練。福知山市へ事前通告せず。
・9/28(木) △臨時国会の冒頭に安倍首相は何もやらずに衆議院を解散。自らのモリカケ問題などを隠し通したいだけの自己都合解散でしかない。
・9/29(金) 小池東京都知事、「希望の党」で総選挙に乗り出すことを表明。
・9/30(土) 前原民進党代表、民進党は解党して希望の党に合流すると発表。
・10/2(月) 枝野民進党副代表を中心に新しく「立憲民主党」結成。
・10/4(水) △市議会、「憂う会」の「陳情Ⅶ」を不採択。
・10/6(金) △府立高校、「Jアラート」への対応を職員、生徒、保護者へ周知。登校前なら自宅待機。登校後は即避難行動をとり、連絡を待て。
・10/10(火) 衆議院総選挙公示 京都5区は予想通りの5人が立候補。
・10/11(水) △沖縄高江で米大型ヘリ民有地へ墜落。日本側現場に入れず外務大臣、防衛大臣ともに「遺憾である」と言うだけ。 
・10/22(日) △第46回衆議院総選挙 自公圧勝、3分の2を越える。一方で希望の党は失速、民進党から分かれた立憲民主が健闘し野党第一党へ。共産は大きく減、厳しい結果であったが、野党共闘は前進、「見返りは民主主義」! 京都5区では、保守分裂にもかかわらず野党共闘は進まず自民の本田が圧勝。
・11/5(日) ★「米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2017」開催 参加者650人、基地前には200人、右翼10数台。
・11/5(日)~11/7(火) △トランプ来日、安倍は北朝鮮への圧力強化とアメリカの武器購入を約束。マスコミのはしゃぎぶりが目に余った。
・11/10(金) 「週刊金曜日」、経ケ岬を特集。ここの基地は米国と米軍事企業のためのものであることを詳しく検証。
・11/15(水) △宇川の平で米軍車が路線バスに接触。事故はこれで55件に。事故車は米陸軍本部座間からの車。真っ直ぐの道を真っ直ぐに走れず。
・11/17(金) ★「憂う会」、京丹後市議会へ「陳情Ⅷ」を提出。
・11/19(日) △沖縄で米兵(海兵隊28才)の事故、酔っ払い運転で被害者死亡。
・11/27(月) 赤旗全国版1面で経ケ岬問題を特集。「ここが一番危険」という住民の声を全国へ。3面ではアメリカ企業のためだけのイージスアシェアを検証。
・11/29(水) 北朝鮮、射程1万3000㎞のICBMを日本海へ発射。米日打つ手なし。
・12/11(月) △市議会一般質問で基地問題をやりとり。防音シートの件(ボロボロ)、DVDの件(いいかげん)、Jアラートの件(役に立たない)などが新聞報道される。
・12/15(金) △基地対策特別委員会 「憂う会」の「陳情Ⅷ」を審議。2vs7で不採択。本会議も否決。
・12/17(日) ★京都民報、舞鶴の米軍施設をスクープ。舞鶴市議会は米軍関係者の自家用車免税条例を制定。経ヶ岬、福知山、舞鶴と米軍基地は増殖している。
・12月末まで △宇川地域、基地絡みの土建工事ラッシュが続く。

とにかく北朝鮮のロケット青年とアメリカの暴走老人に振り回され、気が付けば憲法をかなぐり捨てノーベル平和賞に背を向けて軍事大国へまっしぐら、という国になってしまった2017年ということになります。
その日米の重要なキーストーンに経ヶ岬がなってしまいました。

12/30(土)夜

Original post in Facebook