2018-01-13

文殊さん定期報告1312

★積雪20㎝の朝!
★ランプ不点滅、3日目!
★1/21(日)、京都で「もちフェス」!

本日2018/1/13(土)は、米軍基地工事開始から1328日目(3年と232日)、レーダー搬入より1180日目(3年と86日)、本格稼働1115日目(3年と19日)でした。

今年2回目の本格的な積雪の朝となりました。海岸線で20㎝から30㎝というところです。多くの方が国道沿いの広いところに車を移動させています。

予想通り、文殊さん参道入口は除雪による雪の壁ができて入れず。車を近くの広場に駐めて新雪を踏んでのお参りとなりました。境内も一面の雪です。

一昨日からランプが点いていないと報告してきた緑のサイトですが、今朝も点いていませんでした。これで3日連続です。外から分かるほどの作業はやっておられません。発電機の音などは特に変わっていません。ランプは点いてなくても電磁波は出されてレーダーは動いているのか? 止めて何かをしておられるのか? そのあたりは謎です。レベルは1でした。因みに、夕方もやはりランプは点いていませんでした。

米軍も自衛隊も雪の中での出勤、お仕事です。

1/20(土)の朝(6:40~6:50)に、KBS京都ラジオへの出演の報告を先日しましたが、その翌日の1/21(日)にも京都でのインベントか決まりました。
昨年もやりましたが、スワロウカフェの皆さんの企画による「もちフェス」です。会場は京大吉田寮の食堂、10:30から。内容は昨年宇川「平和田んぼ」で収穫したもち米を使っての餅つき(つきたてを皆で食べます)をメインに、トークイベントとしては今回「憂う会」から事務局長のNが参加することとなりました。写真の最後にチラシを上げておきます。
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/52701033.htmlに詳細。

そのチラシからの言葉を紹介しておきます。読むだけでもほっこりします。

 こんなにも深刻な世のなかにあって、なぜ、もちつきを!?という疑問の声が聞こえてきそうですが、やっぱり、もちをつきたい。

 つく、こねる、ついたもちを運ぶ、まるめる、食べる、まったり眺めるーーその場に集まった人たちで「はいっ!」、「ほっ!」と呼吸をあわせ、手を動かし、あっちにこっちに足を運び、不思議なリズムに身をまかせる・・・。そして、いろいろなことが頭や体を通りすぎていく。それは、基地や軍隊のことであったり、宇川の棚田や高江の森、辺野古の海のこと、この世界のどうしようもなさへの怒りや、それゆえに出会えた人とのつながりへの感謝であったりもするでしょう。そうしてできたつきたてのもちは、どこにもないこの場限りのもので、言葉にできないくらいおいしい。それを味わいたいし、たくさんの人に味わってほしい。
 だから、もちをつく。
 3年目の丹後もちフェスへ、みなさま、ぜひ、お越しください。

1/13(土)夜

Original post in Facebook