2018-01-14

文殊さん定期報告1314

★雪は一服・・!
★ランプ不点滅、4日目!
★海自、黄海で北朝鮮を監視?!

本日2018/1/14(日)は、米軍基地工事開始から1329日目(3年と233日)、レーダー搬入より1181日目(3年と87日)、本格稼働1116日目(3年と20日)でした。

今朝の気温は4度、このところの寒さが弱まりました。雪も今日は降らず、昨日30㎝以上あった積雪も一気に薄くなりました。今回の雪は海岸線が多く、その中でも宇川は多かったようです。聞くところでは、先週の金曜日1/12の朝は弥栄で氷点下8度にもなったとのこと、あちこちで水道管が凍結して断水騒ぎとなりました。この日は宇川も-2度でしたが、近年にない冷え込みでした。

今朝のお参りも参道に車を入れられず国道から歩いて本堂まで行きました。雪の中の足跡は昨日のお参りのものだけでした。積雪は一日で半分くらいになっています。

緑のサイトの例のランプですが、今朝も消えたままでした。4日目です。全体の様子に変化は感じられません。レベルは1。連日の風雪で国道側フェンスはあちこちでボロボロになっています。

報道によると、海上自衛隊の護衛艦が日本海や黄海で北朝鮮の船の「監視活動」を行っている(昨年12月より)とのことです。国連の制裁決議の履行圧力を北朝鮮にかけるためにアメリカの要請に基づいてやっているというのがその説明です。
もし妙な船を見つけたら、アメリカに通報し、通報を受けたアメリカは海軍を派遣してその船を臨検する。その船がそれを拒否したら攻撃もあり得るということになります。そうなれば当然自衛隊も戦闘に巻き込まれる・・。

要するに日本の自衛隊がアメリカの軍事活動の下働きを敢えてやっている(俗っぽく言うとアメリカの戦争のパシリをさせられている、喜んでやっている・・?)ということ。憲法9条で「武力による威嚇を放棄し、国の交戦権を認めない」と定め、専守防衛の立場からもこういうことはできないとされていたことが、安倍政権の下でいつの間にやら当たり前のようにやられている。とんでもない話です。

安倍さんは最近東ヨーロッパ(リトアニア)まで行って、「北朝鮮の脅威」と「法を守らせるための圧力強化」を説いておられるようですが、自分自身が自分の国の憲法も守らずによくそんなことが言えたものだと呆れてしまいます。

1/14(日)夜

Original post in Facebook